If you are not sure if the website you would like to visit is secure, you can verify it here. Enter the website address of the page and see parts of its content and the thumbnail images on this site. None (if any) dangerous scripts on the referenced page will be executed. Additionally, if the selected site contains subpages, you can verify it (review) in batches containing 5 pages.

site address: archlinuxjp.org redirected to: www.archlinuxjp.org

site title: Arch Linux JP Project

Our opinion:

GREEN status (no comments) - no comments
After content analysis of this website we propose the following hashtags:


Proceed to the page?Powered by: Very Tiny URL Shortener at http://vturl.net VeryTinyURL

Meta tags:

Headings (most frequently used words):

arch, は強制的なアップグレードが必要になります, texlive, 2016, パッケージが利用可能です, test, sec, flags, dejavu, ご協力のお願い, ドキュメント, コミュニティ, サポート, ツール, 開発, 人々, 37, アップデートには管理操作が必要になります, ttf, xorg, シンプル, 軽量なディストリビューション, 最新ニュース, 昔のニュース, 最近のアップデート, もっと見る, server, linux, 19, は現在, extra, にあります, openvpn, その他,

Text of the page (most frequently used words):
xf86 (22), video (19), i686 (13), arch (13), x86_64 (12), linux (10), 2016 (8), #openvpn (8), 2015 (7), test (5), sec (5), flags (5), #pacman (4), any (4), the (4), dejavu (4), ttf (4), slack (3), input (3), #archwiki (3), etc (3), #server (3), pyqt5 (3), service (3), python2 (3), #python (3), #texlive (3), git (2), client (2), xorg (2), pyodbc (2), 2017 (2), aur (2), project (2), fontconfig (2), setuptools (2), org (2), フォーラム (2), のフックは現在, 以前のバージョンの設定と互換性のない変更を伴います, への更新は, vpn, ユーティリティーが別のパッケージで提供されるようになったことです, ファイルを, に移動してください, 追加の, 最も注目すべき変更は, を相対パスから削除してください, もしくは, plugins, アップデートは過去数年と比べて冗長ではなくなります, 設定ファイルはサブディレクトリに移動されました, このパッケージは通常と同様に, パッケージ群で利用されているので, url, を使用してインストールできます, 新しいバージョンでは, https, bugs, archlinux, task, 32312, この件についての詳細な情報は次の, force, の設定方法が変更されます, 過去のバージョンでは, post_install, post_upgrade, で設定にシンボリックリンクが張られていましたが, の現在の仕様にあわせてパッケージの中に設定を含みます, biber, ユニットの, プラグインのルックアップパスが変更されたので, パッケージ群は2016年バージョンにアップデートされました, パッケージが利用可能です, を参照してください, それに応じてサービスの再起動と再有効化を行ってください, に置き換えられます, にアップグレードする際には次のように直接指定してアップグレードすることを推奨します, networkmanager, connman, qopenvpn, の機能には影響しません, 今回のアップデートは, は強制的なアップグレードが必要になります, systemd, acecad, 接続に依存している場合は, を見て参加してみて下さい, メーリングリスト, も覗いてみましょう, について知識を深めたいと考えたのであれば, 誰でも自由に参加できます, ユーザーと会話することもできます, x86, を利用していることに誇りを持っています, それによって, 広範なスキルセットと, の強固なコミュニティは多様かつ助けになり, もっと詳しく, 最新ニュース, にあります, 公式パッケージは, は現在, simple, パッケージ, ダウンロード, 軽量なディストリビューション, シンプル, ディストリビューションです, 軽量で柔軟性に優れた, を標榜する, アーキテクチャに最適化されています, keep, のウェブサイトにようこそ, コミュニティによって運営されているパッケージリポジトリ, その質量ともに成長しています, があり, さらに公式パッケージを補足するものとして, extra, 管理操作が必要になります, apm, mach64, i740, i128, glint, chips, ark, 比較をしたいと考えています, joystick, に移行されました, 右記のパッケージは廃止され, アップデートには管理操作が必要になります, リモートアクセス, 特に注意してください, neomagic, r128, 新しいバージョンには以下の変更が加えられています, libinput, は引き続き使用できます, wacom, および, evdev, synaptics, ただし, がデフォルトの入力ドライバになりました, tseng, rendition, trident, tdfx, sis, siliconmotion, savage, s3virge, ご協力のお願い, 使用方法が書かれています, さらなる調査, ミラーの状態, planet, 国際コミュニティ, サポート, ツール, チャンネル, プロジェクト, リポジトリ, svn, パッケージグループ, ユーザー会, irc, コミュニティ, その他, vmoviedb, gnupg, gambit, lat, gitolite, calibre, common, インストールガイド, 20170101, annex, static, yesod, haskell, ドキュメント, プレスカバレッジ, もっと見る, lmi, mark, owner, torvalds, linus, licensee, exclusive, from, world, sublicense, pursuant, used, trademark, wide, アートワーク, trademarks, ニュースアーカイブ, フィード, rss, 2014, copyright, reserved, basis, rights, some, recognized, are, logo, and, name, 最近のアップデート, パッケージ検索, 私たちは実際にフラグをデフォルトにする前に, からソースをダウンロードすることができ, テストファイルから有意な統計情報を弾き出す方法が記載されています, サブディレクトリには, results, registered, にインストール, readme, wiki, general, における結果を待望しています, だったので, 今まで実行された環境はどれも, あなたの環境で実行した結果も追加してください, に拾集中です, こちら, メーリングリストでの議論を受けて, テスト結果については, rgacogne, 現在使用しているコンパイルフラグと比べて新しいフラグによるパフォーマンスの劣化は少ないとみられますが, これまでのテスト結果によれば, の目的です, パッケージの新しいデフォルトにしてもよいのかどうか確かめることが, セキュリティを高めるフラグを, が携わっています, sangy, セキュリティに関係する様々なコンパイル, strcat, anthraxx, 他にも, が作成されました, によって, pid1, リンクフラグの性能への影響をテストするため, github, パッチも歓迎です, discard, 0p1, はユーザーバスを起動します, bus, 鍵が無効になります, dss, ssh, openssh, ドメインを取得しました, archlinuxjp, で発生するデータ破損について, raid, を有効にしたときにソフトウェア, 昔のニュース, パッケージがリリースされました, は古いバージョンのセッションにアタッチできません, screen, にアップデートしてください, 2016年4月23日になる前に, php, testing, のサポート終了, plasma, の変更, abi, に入りました, ホーム,
Thumbnail images (randomly selected): * Images may be subject to copyright.GREEN status (no comments)

    No Images


    Verified site has: 56 subpage(s). Do you want to verify them? Verify pages:

    1-5 6-10 11-15 16-20 21-25 26-30 31-35 36-40 41-45 46-50
    51-55 56-56


    The site also has 2 references to other resources (not html/xhtml )

     www.archlinuxjp.org/feeds/news.xml  Verify  www.archlinuxjp.org/feeds/packages.xml  Verify


    Top 50 hastags from of all verified websites.

    Supplementary Information (add-on for SEO geeks)*- See more on header.verify-www.com

    Header

    HTTP/1.1 301 Moved Permanently
    Server nginx
    Date Tue, 24 Jan 2017 05:11:15 GMT
    Content-Type text/html
    Content-Length 178
    Connection keep-alive
    Location htt????/www.archlinuxjp.org/
    HTTP/1.1 200 OK
    Server nginx
    Date Tue, 24 Jan 2017 05:11:16 GMT
    Content-Type text/html; charset=utf-8
    Transfer-Encoding chunked
    Connection keep-alive
    Vary Accept-Encoding
    X-Powered-By Express
    ETag W/"4fef-kQJAyV61Apg0TaQxwTZrnQ"
    Strict-Transport-Security max-age=15768000; includeSubDomains;
    Content-Encoding gzip

    Meta Tags

    title="Arch Linux JP Project"
    charset="utf-8"
    name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"
    name="theme-color" content="#08C"

    Load Info

    page size20463
    load time (s)1.588262
    redirect count1
    speed download4457
    server IP160.16.119.98
    * all occurrences of the string "http://" have been changed to "htt???/"