If you are not sure if the website you would like to visit is secure, you can verify it here. Enter the website address of the page and see parts of its content and the thumbnail images on this site. None (if any) dangerous scripts on the referenced page will be executed. Additionally, if the selected site contains subpages, you can verify it (review) in batches containing 5 pages.

site address: n-agetsuma.hatenablog.com

site title: 見習いプログラミング日記

Our opinion:

GREEN status (no comments) - no comments
After content analysis of this website we propose the following hashtags:


Proceed to the page?Powered by: Very Tiny URL Shortener at http://vturl.net VeryTinyURL
page from cache
Meta tags:

Headings (most frequently used words):

まとめ, openshift, 見習いプログラミング日記, for, quarkusがビルド時に自動生成するクラス, quarkusでスレッドダンプ, jboss, eap, cd, テストアプリケーションのデプロイ, エラーメッセージのカスタマイズ, jgroupsのdns_ping機能, dnsサーバのセットアップ, masterのセットアップ, nodeのセットアップ, originのインストール, インストール後の初期セットアップ, quarkusとは何か, openshiftにgalleonで作ったwildflyをデプロイする, resteasyデフォルトの振る舞い, resteasy, beanvalidationエラーメッセージのカスタマイズ, quarkusのスレッドプール設定, quarkus入門, openshiftでjbossクラスタを構成する仕組み, origin, 9のインストール, galleonを使ってwildflyのイメージサイズを小さくする, minikube, startのプロキシ越え, javaを中心に色々なことを考えてみます, 目指せ本物のプログラマ, galleonを使う, galleonが生まれた背景, dns_pingの仕組み,

Text of the page (most frequently used words):
#class (75), wildfly (75), test (73), eap (67), openshift (59), session (52), #cluster (44), #jboss (40), com (38), ping (38), dns (31), s2i (27), java (26), #example (26), #galleon (26), name (26), app (24), #quarkus (23), 192 (22), local (22), 168 (22), svc (20), cloudprofile (20), json (18), docker (17), https (17), type (17), none (17), build (17), final (17), etc (16), service (16), the (16), api (15), #resteasy (14), クラスタ (14), org (14), minikube (14), bin (13), systemctl (13), tcp (13), #master (13), yum (12), customer (12), validation (12), for (12), srv (12), ansible (12), interface (11), enp0s3 (11), latest (11), jpajaxrscdijta (11), dnsmasq (11), thread (11), jax (11), sample (10), image (10), host (10), import (10), k8s (10), 2019 (10), address (10), builder (9), function (9), runtime (9), core (9), install (9), cloud (9), 2018 (9), cloudapps (8), count (8), get (8), node01 (8), xxx (8), profile (8), mediatype (8), and (8), github (8), status (8), 8888 (8), n_agetsuma (8), required (8), jpa (7), 130 (7), _tcp (7), ago (7), from (7), nio (7), git (7), txt (7), コメントを書く (7), exception (7), basic (7), javax (7), server (7), services (7), tweet (7), 広告を非表示にする (7), もっと読む (7), tools (7), sun (7), fd149e20 (6), ssh (6), selectorimpl (6), response (6), public (6), default (6), port (6), utils (6), vldx2 (6), network (6), dhcp (6), path (6), maven (6), xml (5), standalone (5), message (5), opt (5), マルチキャスト (5), clusterip (5), yml (5), pod (5), start (5), container (5), cdi (5), node (5), debug (5), jboss_home (5), kubelet (5), inflating (5), run (5), employeeservice_subclass (5), 8080 (5), wiring (5), classes (5), source (5), private (5), 100 (5), stream (5), current (5), centos7 (5), preview (5), red (5), downloading (5), hat (5), minutes (5), curl (5), route (5), template (5), dependency (5), installed (4), conf (4), cli (4), hostname (4), net (4), only (4), scope (4), add (4), ディレクト (4), ソースコード (4), which (4), you (4), jfdenise (4), created (4), unzip (4), まとめ (4), bash (4), 読者になる (4), this (4), persistent (4), resteasyviolationexceptionmapper (4), starting (4), config (4), registry (4), nodes (4), list (4), new (4), kubernetes (4), raw (4), cookie (4), githubusercontent (4), images (4), templates (4), スクリプト (4), uber (4), quarkus入門 (4), enterprise (4), epollarraywrapper (4), employeeresource (4), create (4), properties (4), insecure (4), max (4), epel (4), string (4), origin (4), protocol (4), linux (4), レプリケーション (4), post (4), entity (4), true (4), errors (4), age (4), groupid (4), version (4), artifactid (4), jdk (3), 通常の (3), deploymentconfig (3), all (3), here (3), domains (3), 従来の (3), community (3), lang (3), oracle (3), svm (3), spec (3), jgroups (3), 127 (3), kill (3), hibernateormprocessor (3), employeeresource_bean (3), not (3), kind (3), employeeservice (3), command (3), arc (3), context (3), target (3), redhat (3), application (3), imagestream (3), chained (3), ワイルドカード (3), wildcard (3), application_json (3), threads (3), pool (3), ブロッキング (3), notblank (3), agetsu (3), weeks (3), creating (3), tag (3), return (3), application_name (3), can (3), user (3), running (3), 172 (3), output (3), ready (3), 31m (3), expose (3), package (3), modules (3), dns1 (3), 8443 (3), ipaddr (3), prefix (3), 5000 (3), failed (3), gateway (3), scripts (3), onboot (3), https_proxy (3), http_proxy (3), hostnamectl (3), set (3), zip (3), export (3), restart (3), layers (3), yes (3), device (3), beanvalidationエラーメッセージのカスタマイズ (3), sysconfig (3), vim (3), error (3), ifcfg (3), ethernet (3), bootproto (3), 779201c6593c (3), feature (3), uuid (3), 4590c759 (3), b0cd (3), 4dc2 (3), 9f43 (3), update (3), galleonを使ってwildflyのイメージサイズを小さくする (3), virtualbox (3), quarkusのスレッドプール設定 (3), root (3), 見習いプログラミング日記 (3), hosts (3), 閉じる (3), enable (3), release (3), cdi1 (3), stack (3), etcd (3), openshiftでjbossクラスタを構成する仕組み (3), ejb (3), property (2), isacceptjson (2), masters (2), transport (2), channels (2), osev3 (2), nip (2), dns_ping (2), channel (2), will (2), waiting (2), openshift_node_labels (2), headless (2), region (2), collectors (2), util (2), provider (2), zone (2), exposed (2), responsebuilder (2), license (2), resteasyviolationexception (2), を追加します (2), jgroupsの (2), playbooks (2), violation (2), playbook (2), completed (2), value (2), を参照 (2), ports (2), env (2), _home (2), arg0 (2), apiversion (2), parameterviolations (2), restarts (2), constrainttype (2), dir (2), parameter (2), wide (2), bytes (2), xxxx (2), equals (2), eap72 (2), accepts (2), application_json_type (2), gettype (2), getsubtype (2), http (2), 9のインストール (2), nslookup (2), メンバを見つけています (2), 122 (2), 14a2d9 (2), location (2), yaml (2), openjdk11 (2), desired (2), generated (2), epollselectorimpl (2), narayanajtaproducers_producermethod_transactionsynchronizationregistry_ad29dd72d7aa0c9be8f98e90052c29fc262ea31a_bean (2), jsf2 (2), linuxepoll (2), posix (2), state (2), glassfish (2), フレームワーク (2), narayanajtaproducers_producermethod_transactionmanager_9989455b3b53ac81c17ca945c636473b7202fe4e_bean (2), でコードが書ける (2), beanvalidation (2), employeeservice_bean (2), launch (2), access (2), テストアプリケーションのデプロイ (2), startのプロキシ越え (2), select (2), delete (2), agroalprocessor (2), inject (2), 読者です (2), creationalcontext (2), spi (2), datasourceproducer_bean (2), lsample (2), deployment (2), loggingresourceprocessor (2), xnio (2), undertowbuildstep (2), tid (2), prio (2), requestscopedentitymanagerholder_bean (2), jta (2), posixjavathreads (2), javathreads (2), workerthread (2), spring (2), logs (2), jar (2), resolved (2), buildconfig (2), packs (2), apps (2), 150 (2), copy (2), 29m (2), getting (2), tags (2), kubeadm (2), finished (2), setting (2), 実装依存 (2), pom (2), jaxrs (2), dependencies (2), resources (2), 3541 (2), postgresql (2), 読者をやめる (2), mysql (2), mongodb (2), amq (2), e0427 (2), resource (2), project (2), image_stream_namespace (2), termination (2), metadata (2), quarkus0 (2), sleeper (2), sleep (2), native (2), executor (2), kexec (2), sos (2), minishift (2), double (2), firewalld (2), disable (2), archive (2), 必要パッケージのインストール (2), found (2), below (2), web (2), プラグイン (2), force (2), want (2), listen (2), dockerのインストール (2), ipアドレス (2), click (2), サーバ (2), wget (2), tmp (2), quay (2), interfaces (2), artifacts (2), packages (2), repository (2), line (2), with (2), more (2), one (2), work (2), size (2), reboot (2), support (2), repo (2), psacct (2), done (2), rhel8 (2), 0900 (2), bind (2), completion (2), readme (2), then (2), technology (2), include (2), bridge (2), enabled (2), iptables (2), pub (2), galleon_provision_server (2), sed (2), コンテナをデプロイするためのテンプレートやimagestreamは, で構成される, リに展開します, mkdir, アプリケーションが起動します, のサンプルアプリケーションの場合, crud, アプリケーションのパッケージ, コンパイル, ダウンロードしたツールを任意の, quarkusとは何か, だけでなく, について紹介しました, すると100ミリを切るスピードで, users, 話そうと思っていたけれどもスライドに入らなかったことをブログで補足してみます, ランタイム自体のクラスファイルが生成されている様子がわかります, microprofile, imageコマンドによってネイティブ, quarkusがビルド時に自動生成するクラス, スライドに入らなかった内容や, ここからは, 当日話そうと思っていたけど忘れていた内容をまとめます, は起動が遅い, goのようなシングルバイナリによる起動の方が便利で, 続きについてはスライドを参照してください, agetsuma, norito, clean, graalvmのnative, mvn, テンプレートの使い方などの詳しいドキュメントは, は手間が掛かると言われる課題を解決しています, に書かれています, とにかく起動が高速な, ベースの, で配布されています, galleonは, スライド中でも言及していますが, galloenを使った, group, などのよく使われる, サーバの出力先です, dirは作成した, 自体の動作に必要なサーバのコア機能のみ持つことを示します, cpuset, cpus, と便利, デフォルト値が小さい, ではtask, 実装に加えて, threadsは論理プロセッサ数, 16ですが, 本体やs2iツール群を削って, 1では論理プロセッサ数, 8です, processorinfo, による, o待ちですぐに枯渇します, layersにはサーバに含める機能を指定するオプションで, jdbc, スレッドプールのチューニングはquarkus0, 1の時点では公式ドキュメントに言及がないですが, タスクを動かすならばチューニングした方が良いです, pid, timed_waiting, latestと, 本体を含んだビルダイメージquay, このためs2iのツール群や, method, quarkusの実装, cpu, japan, 環境の場合はコア数算出にruntime, 勉強会, バイナリを生成します, dockerの, bat, コンテナレイヤで論理プロセッサ数を絞っている場合は, 絞られたcpu数, のgalleonを動かして小さな, 8になる, logging, jarの中に含めるような動きをします, buildconfigによるイメージのビルド時に, availableprocessor, のみ含められたランタイムイメージquay, 依存せず, proc, self, statusのcpus_allowedの値からコア数算出する, のs2iビルダイメージでは, pluginがあり, のgalleon, の他にも, galleonには前述の, クラスを使っているため, java8のマイナーバージョンに関わらずcgroupsが反映されます, common, latestの2種類のコンテナイメージが配布されています, downloads, setuploggingstaticinit1, にquarkusがビルド時にクラスファイルを展開して, orm, が同一のワーカーノードで起動している場合はdockerによるイメージレイヤの共有が期待できます, arcannotationprocessor, configbuildstep, 全て最新の同一バージョンの, lifecycleeventsbuildstep, dockerイメージのアプリのレイヤだけ別で, narayanajtaprocessor, resteasyscanningprocessor, runtimebeanprocessor, threadpoolsetup, undertowarcintegrationbuildstep, と同じようにapサーバとしての使い勝手で使える, jmx, hibernate, モノリス, しかし, なapサーバから使わない機能を削ってイメージサイズをなるべく小さくすることがgalleonの目的です, panache, panacheentity, defaultentitymanagerproducer_bean, defaultentitymanagerproducer_producerfield_entitymanager_bean, jpaconfig_bean, 自体にもコンテナ環境ではあまり使わない機能が含まれています, requestscopedentitymanagerholder_clientproxy, transactionentitymanagers_bean, narayana, サーバなど, web管理コンソールやリモート, narayanajtaproducers_bean, アーカイブ, steps, default_componentsprovider, datasourceproducer, pull, tree, 目指せ本物のプログラマ, meta, inf, が複数起動している場合はディスクサイズをそれなりに消費します, javaを中心に色々なことを考えてみます, towards, news, componentsprovider, galleonにより以下が実現できます, resourcereferenceprovider, agroal, にまとめられていますが, 詳細については, setup, から使わない機能を削ってdockerイメージサイズを小さくする, runtimebeanproducers, runtimebean, lifecycleeventrunner_bean, activaterequestcontextinterceptor_bean, thorntailのような, jarではない, 別バージョンの, datasourceproducer_clientproxy, よく使う, だけ含んだサイズの小さな, サーバを作る, galleonはwildfly16から対応した, のバイナリを作るためのプロビジョニングツールです, datasourceproducer_producermethod_createdefaultdatasource_7c487e3ef869f878aa871e917c94f4d26d5d5c56_bean, としてもイメージサイズ削減に手を打っています, thorntailは今後メジャーバージョンアップせずにメンテナンスモードとなる, すると, build15, runtimeconfigroot, runtimedefaultconfigsource, control, activaterequestcontext_shared_annotationliteral, produces_shared_annotationliteral, persistence, eap7の場合, persistencecontext_shared_annotationliteral, transaction, transactional_shared_annotationliteral, リポジトリ, 最新のイメージでは940mbと大きなイメージです, employeeservice_clientproxy, コミュニティで開発されているツールですが, boot16, buildtimeconfigroot, startpersistenceunits14, build3, configureruntimeproperties6, build10, validateconfigproperties11, build8, build9, startupevent17, integraterequestcontext13, setuploggingruntimeinit5, daemon, build4, setupinjection12, build2, createexecutor7, runtimeconfig, のコンテナイメージはどうしてもサイズが大きくなります, は従来の, finalです, quarkusの登場に伴い, cbc9919e54f5, narayanajtaproducers_producermethod_transactionmanager_9989455b3b53ac81c17ca945c636473b7202fe4e_clientproxy, に含める考え方はthorntailでも実現できていましたが, galleonで作った小さな, galleonを使う, 使い方から紹介します, 必要な機能だけ, narayanajtaproducers_producermethod_transactionsynchronizationregistry_ad29dd72d7aa0c9be8f98e90052c29fc262ea31a_clientproxy, 940mb, interceptor, apサーバと, 実際に使ってみる方がイメージが湧きやすいので, galloenのリポジトリ, transactionalinterceptormandatory_bean, buildtimeconfig, runner, にはバンドルされておらず, s2iツール群など含んだ, generatedmain, autofeature, からダウンロードします, applicationimpl1, transactionalinterceptorsupports_bean, をデプロイする, transactionalinterceptorrequiresnew_bean, transactionalinterceptorrequired_bean, openshiftにgalleonで作った, transactionalinterceptornotsupported_bean, transactionalinterceptornever_bean, このブログを書いた時点の最新バージョンは4, sleeping, 単純にs2iビルド時にgalleonで, os_prio, produces, ユースケース, framework, c449eca1cc04, profileの場合, 6983f22f7f32, を作ることが考えられます, と比較しても起動直後の, ヒープメモリのフットプリント削減の効果は手元で計測する限りでは10mb程度です, 欲しい機能だけ持つ, customerresource, valid, consumes, a18f05787add, 他にもどんなlayerがあるかは, 例として以下のバリデーションを実行を考えます, resteasyデフォルトの振る舞い, この記事ではresteasyの場合にどのようにメッセージフォーマットをカスタマイズするか言及します, reporting, cases, implementations, should, describing, however, exact, content, format, を削って, 436, admin, specification, classviolations, returnvalueviolations, その他のパラメータは前述のreadmeに言及があります, これらの, を指定します, h2インメモリdbを示す, この例では, がgalleonに渡すパラメータで, テンプレートのパラメータ, 小さいなアプリケーションイメージは568mbと約3分の1となりました, に解説があります, 63gbに対し, イメージのサイズは従来のアプリケーションイメージが1, propertyviolations, にメッセージが含まれています, fieldviolations, null, 見やすいように改行を含めていますが, 実際には改行は含まれません, やquarkusが内蔵する, 実装のresteasyの場合, バリデーションエラー時にはhttpレスポンスヘッダに, を含むと共に, 568, 以下のようなフォーマットのメッセージを返します, 各プロパティはバリデーションの種類を示しています, guideの, 例の場合はメソッドパラメータでバリデーションしているため, beyond, specでは, もっとシンプルに以下のようなエラーメッセージのリストを返すことを考えます, deployed, このアプリケーションでは, のエンドポイントにアクセスすると, を使ってインメモリのh2データベースから本情報を取り出しています, 43b73a0, under, コンテナのイメージサイズの削減がgalleonの目的です, 8778, メモリ削減にはあまり効果は期待できません, galleonによって使われないサブシステムを削除しても, your, wildfly17, view, injectの解決の場合, commands, echo, load, balanced, other, containers, through, このため, アプリケーションで使われている機能をデプロイ処理で検知して必要な機能だけロードして余分なmetaspaceを消費しないようにする仕組みが備わっています, サブシステムをクラスロードするなど, success, executing, statelessが付与されたコードがデプロイされてから, outside, world, galleonが生まれた背景, author, beanvalidationのバリデーションエラー時には, リ構成や使い勝手を維持しながらスリム化します, エラー原因を返すことのみが規定されており, メッセージのフォーマット自体は, 固有の機能, 43b73a025880, に使われる, jmsサーバ接続やリモート, thorntail, やremotingサブシステム, announcement, galleonの目的はコンテナイメージサイズの削減です, jarではなく, galleonによって, bloch, galleonは欲しい機能だけを含んだ, 作ったイメージをデプロイします, を生成するプロビジョニングツールです, テンプレートを実行しただけではイメージがビルドされるだけなので, ではまだgalleonに対応していませんが, 今後のバージョンで対応するように検討が行われています, を使ったアプリケーションをデプロイしたいので, 例として, old, books, effective, title, joshua, エラーメッセージのカスタマイズ, クラスをオーバーライドするとメッセージフォーマットのカスタマイズができます, 0x00007f966b09b000, propertiesにおいて, として設定します, サブシステムを削ることで小サイズ化を実現しています, quarkusで実行される, タスク, にビルダイメージと, 1つは, 従来のapサーバと同様にランタイム内部で管理されるスレッドプールにより実行されます, servlet, resteasyドキュメント, chapter, と同じ構成を保ったまま, threadsに相当するパラメータは, メッセージフォーマットのカスタマイズには, の継承クラスを作る, resteasyの場合, エラー時にはhttpレスポンスに, を含み, jarに必要な機能をまとめるのではなく, galleonはthorntailのように, 独自フォーマットのメッセージを返す, リ構造に見えます, テンプレートには2つのbuildconfigが含まれています, の内容をランタイムイメージにコピーしています, アプリケーションイメージの, 具体的には以下のようにbuildconfigを定義して, 中のapplication, をインプットに従来と同等のアプリケーションイメージを作成するbuildconfigと, サーバの構成を確認すると一見して同じような, 初回実行時は数分かかる場合もあります, nid, 0x5c03, condition, 0x00007000112da000, このスレッドの実態はスレッドダンプを取得すると, として確認できます, のバージョンはこの記事を書いている時点で最新の17, 対象の, ただレイヤを重ねてビルダイメージよりも大きくなるだけです, 元々のコンテナイメージのレイヤのサイズは小さくならず, をビルドしても, サーバを作成してみます, まずは早速galleonで, を組み立てるため, でtask, スレッドプールの最大数, 未設定時のデフォルトは論理プロセッサ数x8, スレッドプールのアイドルスレッド数, 経由で必要なサブシステムをダウンロードして, product, 絵にすると以下のようなイメージです, 未設定時のデフォルトは1, ランタイムイメージにマージしたサイズの小さなアプリケーションイメージを生成するbuildconfigです, src, pack, configurations, main, リを抜き取って, 生成されたアプリケーションイメージからgalleonで生成した, 仕様ではbeanvalidationエラー時のメッセージフォーマットは規定されておらず, javaee, デバッグ, テンプレートwildfly, map, layersに, imagestreamとtemplateのロード, collect, tolist, サーバを生成したい場合は, createobjectbuilder, createarraybuilder, text_plain, tostring, anymatch, を含んだ, templateによるイメージのビルド, git_repo, minishiftで実際に試してみます, git_context_dir, binに含まれていた, boolean, media, protected, nagetsum, override, extends, コード例は以下の通りです, resteasyviolationexceptionmapperクラスでは後で拡張できるように, いくつかのメソッドのスコープがprotectedに設定されています, wildfly17で動作します, 1では原因は詳しく, していませんが動作しません, プロジェクトの作成, getviolations, galleonによって生成された機能がそぎ落とされた, jarが含まれていません, 抜き取る, dockerfile, provided, paths, copyright, sourcepath, destinationdir, パッケージにクラスパスが通るように, imagestreamtag, cmd, rwx, client, の中身を見ると, ext, chmod, chown, violationexceptionmapper, buildviolationreportresponse, を起動させるinit, header, のos起動時に, 前述のcloud, validation_header, getaccept, shや, を使ったことがある人なら違和感を感じると思います, getmessage, テンプレート, スライド中で言及している以下のようなコードの, binds, systems, tftp, following, use, above, shown, configure, when, provide, 114, 112, remember, except, _not_, specify, even, listening, repeat, ドメイン
Thumbnail images (randomly selected): * Images may be subject to copyright.GREEN status (no comments)
  • この記事をはてなブックマークに追加

Verified site has: 44 subpage(s). Do you want to verify them? Verify pages:

1-5 6-10 11-15 16-20 21-25 26-30 31-35 36-40 41-44


The site also has references to the 1 subdomain(s)

  hatenablog.com  Verify


Top 50 hastags from of all verified websites.

Supplementary Information (add-on for SEO geeks)*- See more on header.verify-www.com

Header

HTTP/1.1 200 OK
Server nginx
Date Fri, 23 Aug 2019 15:37:20 GMT
Content-Type text/html; charset=utf-8
Transfer-Encoding chunked
Connection close
Vary Accept-Encoding
Vary User-Agent, X-Forwarded-Host, X-Device-Type
Access-Control-Allow-Origin *
Content-Security-Policy-Report-Only block-all-mixed-content; report-uri htt????/blog.hatena.ne.jp/api/csp_report
P3P CP= OTI CUR OUR BUS STA
X-Cache-Only-Varnish 1
X-Content-Type-Options nosniff
X-Dispatch Hatena::Epic::Web::Blogs::Index#index
X-Frame-Options DENY
X-Page-Cache hit
X-Revision 9a29f946ee0e800bedc081c4ea013b60
X-XSS-Protection 1
X-Runtime 0.024116
X-Varnish 45777722
Age 0
Via 1.1 varnish-v4
X-Cache MISS
Cache-Control private
Content-Encoding gzip

Meta Tags

title="見習いプログラミング日記"
charset="utf-8"
http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=7; IE=9; IE=10; IE=11"
itemprop="name" content="見習いプログラミング日記"
itemprop="image" content="htt????/cdn.blog.st-hatena.com/images/theme/og-image-1500.png"
property="og:title" content="見習いプログラミング日記"
property="og:type" content="blog"
property="og:url" content="htt???/n-agetsuma.hatenablog.com/"
property="og:image" content="htt????/cdn.blog.st-hatena.com/images/theme/og-image-1500.png"
property="og:image:alt" content="見習いプログラミング日記"
property="og:description" content="Javaを中心に色々なことを考えてみます。目指せ本物のプログラマ。"
property="og:site_name" content="見習いプログラミング日記"
name="twitter:card" content="summary_large_image"
name="twitter:image" content="htt????/cdn.blog.st-hatena.com/images/theme/og-image-1500.png"
name="twitter:title" content="見習いプログラミング日記"
name="twitter:description" content="Javaを中心に色々なことを考えてみます。目指せ本物のプログラマ。"
name="twitter:app:name:iphone" content="はてなブログアプリ"
name="twitter:app:id:iphone" content="583299321"
name="twitter:app:url:iphone" content="hatenablog:///open?uri=http%3A%2F%2Fn-agetsuma.hatenablog.com%2F"

Load Info

page size169140
load time (s)0.801582
redirect count0
speed download50019
server IP13.115.18.61
* all occurrences of the string "http://" have been changed to "htt???/"

SEO From Wikipedia, the free encyclopedia
Search engine optimization (SEO) is the process of affecting the online visibility of a website or a web page in a web search engines unpaid results—often referred to as `natural`, `organic`, or `earned` results. In general, the earlier (or higher ranked on the search results page), and more frequently a website appears in the search results list, the more visitors it will receive from the search engines users; these visitors can then be converted into customers. SEO may target different kinds of search, including image search, video search, academic search, news search, and industry-specific vertical search engines. SEO differs from local search engine optimization in that the latter is focused on optimizing a business online presence so that its web pages will be displayed by search engines when a user enters a local search for its products or services. The former instead is more focused on national or international searches. and ADS Publishers From Wikipedia, the free encyclopedia
Advertising is an audio or visual form of marketing communication that employs an openly sponsored, non-personal message to promote or sell a product, service or idea. Sponsors of advertising are often businesses wishing to promote their products or services. Advertising is differentiated from public relations in that an advertiser pays for and has control over the message. It differs from personal selling in that the message is non-personal, i.e., not directed to a particular individual. Advertising is communicated through various mass media, including traditional media such as newspapers, magazines, television, radio, outdoor advertising or direct mail; and new media such as search results, blogs, social media, websites or text messages. The actual presentation of the message in a medium is referred to as an advertisement or `ad` for short.
Commercial ads often seek to generate increased consumption of their products or services through `branding`, which associates a product name or image with certain qualities in the minds of consumers. On the other hand, ads that intend to elicit an immediate sale are known as direct-response advertising. Non-commercial entities that advertise more than consumer products or services include political parties, interest groups, religious organizations and governmental agencies. Non-profit organizations may use free modes of persuasion, such as a public service announcement. Advertising may also be used to reassure employees or shareholders that a company is viable or successful., wall of links.


If you want to put something else on this wall, write to us.