If you are not sure if the website you would like to visit is secure, you can verify it here. Enter the website address of the page and see parts of its content and the thumbnail images on this site. None (if any) dangerous scripts on the referenced page will be executed. Additionally, if the selected site contains subpages, you can verify it (review) in batches containing 5 pages.

site address: tanakanews.com

site title: 田中宇の国際ニュース解説

Our opinion:

GREEN status (no comments) - no comments
After content analysis of this website we propose the following hashtags:


Proceed to the page?Powered by: Very Tiny URL Shortener at https://vturl.net VeryTinyURL

Meta tags:
description=フリーの国際情勢解説者、田中 宇(たなか・さかい)が、独自の視点で世界のニュースを分析した解説記事集。新聞やテレビを見ても分からない、世界中のできごとの背景を説明します。;

Headings (most frequently used words):

田中宇の国際ニュース解説世界はどう動いているか,

Text of the page (most frequently used words):
#トランプは (18), ロシアは (6), 中国は (5), 米国は (5), トルコ (5), しかし (4), ロシア (4), イランは (3), だから (3), 日豪亜同盟 (3), 日本は (3), 共和党 (3), #エルドアンは (3), その結果 (3), #マイナス金利 (2), #トランプが (2), 米国が (2), ニクソン (2), #不透明な表層下で進む中東の安定化 (2), 中国が (2), 欧米の春 (2), 習近平は (2), である (2), 3つのノー (2), #さよなら先進国 (2), #露シリア軍は (2), #イランのミサイル試射を機に (2), 多極化 (2), 新ヤルタ体制 (2), 米国の (2), 英国は (2), 対照的に (2), ヨルダンが (2), 金利高騰 (2), 田中宇プラス (2), オバマは (2), ということだ (2), に戻そうとしている (2), 現実主義 (2), それは (2), nato (2), 南シナ海, 米経済は意外な成長を始める, 一党独裁や民主活動家弾圧, トランプの経済ナショナリズム, 2016年12月11日, ロシア軍がリビア東部のベンガジに基地を作る予定との指摘もある, プーチンとトランプがリビアを再統合しそう, ロシアと歩調を合わせる, リビアの多くの勢力が, むしろ成長を後押しする, トランプの就任とともに東部の反同胞団な勢力を支援するようになり, シリア内戦を成功裏に終結させつつあるロシアがリビア内戦も仲裁することを歓迎している, 成長が始まれば, これまで西部のムスリム同胞団を支援していた米国は, 大規模なインフラ整備が超インフレにつながらず, チベット, 米国の覇権を放棄する代わりに, ウイグルなど, 米国民を雇用する米企業の手に引き戻そうとしている, 国内実体経済の発展軽視の風潮を破壊し, 覇権優先の体制下で, 同胞団の優勢から反同胞団の優勢へと転換する, これまでの覇権運営優先, 意図的に諸外国に無償供与されてきた, 2016年12月13日, 米国民に商品を売る権利, 見えてきたトランプの対中国戦略, これまで米国が中国の問題点として批判してきたことを全てすっ飛ばし, 米中関係を早く改善することが必要だと述べている, 米国が意図的にないがしろにしてきた国内産業の振興を進め, 世界で最も大事な二国間関係なのだから, 外国勢でなく米国の, 国際企業でなく, 国内実体経済の発展を最優先する経済ナショナリズムをやろうとしている, 土着企業を儲けさせる政策が奏功すると, 全く問題ないと言っている, 米中は世界の2大経済大国であり, 米国不信, 西部の優勢から東部の優勢, 今回のような過激で稚拙なやり方で非主流派メディアを攻撃し続けるほど, それを実現したロシアの覇権が上昇した, イランとサウジは少し歩み寄り, という言葉が報じられるだけで原油相場が急騰した, 増産の一部をあきらめるだけだ, ロシアもイランもサウジも減産する必要がない, opecとロシアが15年ぶりに減産協定を決めた, 2016年12月4日, 偽ニュース攻撃で自滅する米マスコミ, 知名度が低かった非主流派メディアへの注目度や信頼性を逆に高めてしまう, マスコミ自身の信頼がさらに下がり, 自分らマスコミを有利にしようとする意図が見える, ロシアのプーチンから米国のトランプへの, ライバルをニセモノ扱いし誹謗中傷することで, それらをまるごと偽ニュースとみなすワシントンポストの記事は, 多くの人に頼りにされている, 米非主流派のニュースサイトが, マスコミの質が落ちるほど, 歪曲報道が増え質が低下している, 米マスコミの多くは10年来, 2016年12月1日, マスコミを無力化するトランプ, トランプに媚を売って屈服せざるを得なくなる, これまで軽蔑してきたやくざで反主流な言論サイトと戦わされて消耗した挙句, エリートなマスコミは, 石油価格の再上昇は, カネのかからない, リビア内戦は, いずれ米政府の誤認は解消される, ロシアがリビア東部の軍勢を支援すると, 再統合を成し遂げる可能性が見えてきている, トランプがプーチンと協力することで, だがリビアは今後, オバマ政権の失策の象徴である, シリアと並び, リビアは, 2016年12月8日, ロシア台頭, 進むシリア平定, 露シリア軍がイドリブのアルカイダを掃討するだろう, そうしたら, という趣旨の発言を繰り返しているので, 就任祝い, 米政府は馬鹿げた誤認をしている, シリアに穏健派などいない, イドリブ以外のシリアの安定化や再建を加速できる, アルカイダを穏健派と故意に誤認し続ける米政府を逆なですることを避けつつせず, 露アサドは, しばらくイドリブを放置する予定だ, シリア軍の攻撃を受けて追い出されたアルカイダの多くはイドリブに移動している, シリア各地の町や村で, シリア全土のアルカイダをイドリブに追い込んで集める作戦だ, 2016年12月7日, opec減産合意の深層, にもなっている, 2016年12月17日, になる, レーガン主義の元祖であるスティーブン, トランプを暗殺しかねない, これぐらいしか解決に至りうる方法はない, イスラム世界がイスラエルと和解するプロセスに入れる, これがパレスチナ問題の解決になり, パレスチナ人がある程度満足するなら, 現実は恒久的に, 建前は暫定として, 国王を戴くパレスチナ国家になる, 西岸とヨルダンの合邦が具現化する, パレスチナ人の多くがヨルダンとの合邦でも良いから平和になってほしいと思うようになると, パレスチナ国家創設の2国式の不能性が広く認知され, 2017年1月11日, トランプと諜報機関の戦い, トランプの警備情報を入手して弱点を探り, 中東は安定しない, 米政府内に残っている残党と結託し, 失業させられトランプを敵視する諜報界の残党が, トランプが諜報機関を解体した後, この手の後方支援がない場合, をやろうとしている, 表向き敵視の隠れ後方支援, トランプが勝つよう, トランプと軍産の今後の戦いで軍産が負け, 軍産が下手くそな戦い方をするよう仕向け, を自分のまわりに引きつけ, 諜報マスコミ, オバマは下野した後もトランプ敵視の主導役を引き受けることで, 2017年1月8日, パレスチナ問題が解決されないと, ロシアと協力して合邦を推進しそうなトランプは, eu各国の反エリートな極右極左勢力が政治台頭する, まもなく米露が戦争する, 裏返った同盟国, 英国を自国の, ドイツをライバルに仕立てて対米自立に追い込んで強化してやる一方で, 米英2国間の貿易協定の締結, 英国に対する経済面の厚遇, それと対照的な, ドイツのメルケルに対する酷評と, トランプが独英の新聞に書かせたインタビューで顕著だったのは, 米欧同盟を内側から壊す策を強めている, 欧州諸国を相互に分断する方向の発言をさかんに行い, 大統領就任が近づいた今週, 2017年1月20日, 3つ目がある, 中東と世界を安定させうる可能性を持っている, 可能性はこれだけでなく, の2つだ, 下手をすると核戦争, トランプにも統制不能になる, 戦争発生, 米軍がしずかに東欧から米本土に撤退していく, 米露和解が進み, 政権交代後, 何も起こらない, 両極な2つの可能性がある, トランプ就任前後の米露開戦の可能性について, 2017年1月15日, トランプの中東和平, 欧州の難民危機を煽るngo, である独メルケル首相の人気が下がり, ムーアが, 2016年12月23日, と歪曲的, アサドの軍が虐殺をやった, 腹いせに, 米国や国連は, 内戦を悪化させただけだ, 米欧国連はアサド打倒に固執し, これまで停戦会議を主導してきた米国や国連が呼ばれていない, アスタナ会議には, 和解交渉はカザフスタンの首都アスタナで開かれる, 反政府勢力とアサド政権の和解交渉を露トルコイランの主導で進めている, 武器を捨てる勢力を正当な野党とみなすメカニズムを作り, 全員テロリストと化したシリアの反政府勢力のうち, トランプのポピュリズム経済戦略, その裏でロシア主導の現実的なシリア和平が静かに進んでいる, 議会も共和党の優勢が続く, トランプは再選され, これがうまくいくと, いずれマスコミは沈黙, ポピュリズムのトランプ労働者党, 今後の共和党が, 共和党がそれを党の長期政策として受け入れると, 選挙戦で掲げた政策をそのまま大統領として実行し, と主張している, 労働者を重視するトランプのポピュリズムの政党にならねばならない, レーガンの保守主義でなく, 共和党は, 共和党がレーガン主義の党だった時代は終わる, 針小棒大に騒ぎ, アフガニスタンでも米国抜き, 欧州リベラルエリート層の最後の希望, 主張は根拠が薄い, 難民流入が増えるほど, ngoが欧州の難民危機を扇動している, それをngoの船が引き取ってイタリアの港まで運び, リビアのマフィアがアフリカ全土から勧誘して有料で連れてきた不法移民をリビア沖の領海の外れまでゴムボートで運び, 欧州のngo群が支援している, の流入を, 不法移民, リビアからイタリアへの地中海をわたる経済難民, 2016年12月29日, トランプの就任を何とか阻止したい, トランプ敵視の自滅策をやらされている, ciaはオバマに命じられ, ロシアが偽ニュースの対米発信や民主党幹部のメール暴露によって不正にトランプを優勢にして勝たせたとする報告書を諜報機関ciaが出したが, 露中イラン協調の新たな内戦終結策を開始し, トランプへの投票が義務づけられている選挙人を翻心させる試みも行われたが失敗した, 12月19日の選挙人投票で, 結果は変わらなかった, いくつかの州で再開票が行われたが, 何とかトランプの大統領就任を阻止しようと動いている, 民主党が結託し, マスコミ, 諜報界, 軍産複合体, 米大統領選でのトランプの当選後, 2016年12月26日, アレッポ陥落で始まった多極型シリア和平, 覇権の多極化を進めている, 黙従する, 作者あての, バノンは権力を背にしており, 不正によって, 2016年10月23日, 米選挙不正と米露戦争の可能性, 米露交戦に踏み切るかもしれない, 人類を核戦争の危機に直面させることをいとわず, 余裕がなくなった軍産は, 米露の直接交戦は核戦争に直結しやすく非常に危険だが, 当局が相場をテコ入れする策をおおっぴらにやれる, 経済面でも, トランプが火をつけた反軍産運動を潰せる, 米国内で挙国一致を強要する戦時体制が強まり, シリアで米露が交戦して敵対を急増させうる, 当選すると, クリントンが, モスルを奪還してisをイラクからシリアに追い出し, 2016年10月18日, 多極派に転換する英国, 経済発展につながる, 今のような金融バブルでなく実体的な, 長期的には世界を安定させ, 短期的に英経済の損失や米英覇権の喪失というマイナスを生むが, もっと広域で見た場合の, eu統合の加速と, 覇権構造の改善を考えて実践している, 世界の政治経済システム, 自国のことだけでなく, ふつうの諸国の上の方と異なり, 世界運営を200年やってきた英国の上層部は, 米軍やイラクが開始したモスル奪還戦について, これから露シリア軍との戦いになりそうなシリア東部にisを結集させて負けないように強め, 米覇権の行き詰まり, 2大政党制のシステムを壊さず維持すること, 不正が濃厚になる米大統領選挙, 最初から宣言している, 不文律など破ってやると, だがトランプは違う, 自分が不正に落とされても文句を言わなかった, 2大政党制の不文律を重んじて, プロのベテラン政治家であるサンダースは, 主張をやめざるを得なくなる, 自分の党の上層部から圧力をかけられ, 不正の指摘をしつこく続ける議員や党員は, 2大政党の談合体制に回復不能な亀裂が入りかねない, 不正の結果として落選した候補者がとことん選挙不正と戦ってしまうと, 2党独裁, isがシリア軍に勝ってアサド政権を転覆するところまでやらせたい, 実は談合や不正に満ちた, 米政界にとって大事なことは, 2016年10月26日, モスル奪還めぐる米国の意図, 安全回廊を用意してやった, イラクにいる9千人のis兵士が無事にシリアに移動できるよう, という信号を送り続けた, シリアに逃げ込むなら今のうちだ, isに対し, と宣言し, 間もなくモスル奪還戦に入る, 米政府は以前から何度も, という解説が出ている, 2016年10月16日, 米国に対する国際信用の基盤になっていた民主主義を破壊しようとしている, イスラエルは, オバマの任期末までにシリア全土から反政府武装勢力を一掃する気だ, そこに行きつくまでの交渉が長引く, 最終的な和解金が予測の範囲内だとしても, 簡単に交渉が終わって安い和解金で決着せず, 意地悪だとしたら, 米国からドイツや欧州勢に対する意地悪に見える, 今回の件は, 今回のドイツ銀に対してのような大騒ぎを誘発していない, 静かに事を進め, 米国内の大手銀行に和解金を払わせた際, 米司法省は, 2016年10月3日, シリアでロシアが猛攻撃, 9月27日からの東アレッポへの猛攻撃の意味だ, 金融システム危機への発展やトランプの勝利が現実のものになっていく, それが, 本気のテロリスト退治に乗り出した, イラン系勢力と協力し, シリア政府, ロシアは米国に気兼ねするのをやめ, と結論づけた, シリア内戦を終わらせられない, 米国と協調しようとする限り, 米国はisカイダを擁護するばかりで戦う気がない, それが米政権内の好戦派の妨害で失敗し, シリアでの最後の米露協調の試みであると考えていた, 今回の米露主導の停戦が, 2016年9月30日, 交渉が難航するほど, 米司法省が起こしたドイツ銀行の危機, 軍産の延命のあがきが, 新規開拓を手がけたドテルテ自身になり, より多くの人が気づく, 米国の民主主義がおかしなことになっていると, トランプ潰しの動きが露骨になり, 投票日が近づくにつれ, 草の根からの強い人気を維持するトランプを落選させるのは難しい, 必死でトランプを蹴落とそうとしている, マスコミや議会, だから軍産, トランプが当選したら軍産複合体の危機だ, 2016年10月10日, フィリピンの対米自立, 既存の支配層の権力を枯渇させられる, その新たな体制の主導役は, 2016年10月5日, 対米自立して中露などに接近すると, だが逆に, 権力構造が従来と変わらない, ドテルテはそのパイプに頼らざるを得ないので, ドテルテよりアキノ家など既存の支配層の方が米国とのパイプがはるかに太く, 対米従属を国策に掲げる限り, 中露との協調強化がある, 対米従属からの離脱や, を進めていく方法として, 真の民主化, 彼なりの, 国内の既存の支配層が持っていた隠然独裁的な権力を破壊し, ドゥテルテが, 2016年11月1日, ヨルダンに対する影響力を増強したうえで, と酷評しているが, 中央銀行の独立を奪う米英, 中国の一党独裁や非民主制を批判しないし, トランプの米国は, 中国がそれらのアジアの現在の国際政治秩序を守るなら, 米国と中国の両方と仲良くしようとするのを受け入れよ, 東南アジア諸国や豪州を無理に中国側に引き入れず, 日韓の対米従属を容認せよ, 題名が意味するところは, と題する論文を出した, トランプの米国は中国の台頭を容認する, 中国がアジアの現秩序に挑戦しない限り, トランプの国際政治顧問であるウールジー元cia長官が, 2016年11月22日, 覇権システムの改定を意味しそうだ, この交換条件は明文化されず, 米英が自国の中銀の独立を剥奪し始めたことは, 金融覇権体制の土台としてきた, 米連銀が世界各国の中央銀行を支配する中銀ネットワークを強化し, 世界各国の政府に中央銀行への介入を許さない一方で, 世界的な規範として育ててきたのは米英だ, 中央銀行の政府からの独立を不文律として守り, 2016年11月15日, トランプとロシア中国, それがずっと続くとは考えにくい, 賞賛しても, 就任直後のトランプは日韓の対米従属を支持, 米国がやめていくことの中に入る, 支援も, 中国が世界の中で台頭していくことを容認する, 不文律として具現化される, 中国敵視を前提の価値観として維持されている日韓への米軍駐留や, にしようとしている, 危険人物, 差別主義者, バノンを, マスコミは, 戦わせる策だ, リベラルなマスコミに噛みつかせ, エスタブ, 反リベラルな右派ニュースサイトであるブライトバートを, バノンが経営する反エスタブ, トランプの戦略は, 2016年11月29日, エルドアン枢軸, トランプ, というものだ, 3人は壊そうとしている, ドイツのメルケル首相が体現しているeuの体制を, を共通の標的にしている, 欧州のエリート支配体制, 3人はもうひとつ, 米露土の3人のワルガキ独裁者の枢軸が標的とするのはisカイダだけでない, すでにロシアやトルコなどと協議している, 現職のオバマ政権をすっ飛ばし, シリアやイラクでisisやアルカイダを退治する国際軍を米露主導で編成することについて, まだ大統領に就任していないのに, ドナルド, 2016年11月27日, 中国の台頭容認に転向する米国, 日韓の対米従属に対する支持, 米国が中国敵視を続けないなら, 西岸のバレスチナ自治政府を傘下に入れるかたちで, だが結局のところ, これが正しいとしたら, という予測だ, 米露中の影響圏の再配置が行われるだろう, これからの世界秩序に関するサミットを行い, 中国の習近平との間で, ロシアのプーチン, トランプが米大統領になると, 私が最近注目したのは, 2016年11月6日, 土壇場のクリントン潰し, 実勢に近いところへと世論調査が軟着陸している, 土壇場になってクリントンの誇張された優勢がはがれ落ちる劇が演じられ, 多くの情報歪曲が行われてきた, 世界は, クリントンを勝たせる方向で, 米大統領選に関し, 2016年11月3日, イスラエルのパレスチナ解体計画, ぼろぼろになった西岸をヨルダンに押し付けるのが合邦の策略だ, 入植地によって寸断され, 国家として機能できなくなっている, 地理的な統合性を失い, 幹線道路を分断するように入植地を作りまくった結果, イスラエルがパレスチナ人の居住地を分割し, 西岸地域は, することを望んでいる, 大統領選でトランプが勝つと, と呼ぶべき新たな状況に転換する, 中国敵視をやめるのも自然な目標だ, レーガンが, ロシア敵視をやめるのがトランプにとって自然な目標だとしたら, はるかに経済や金儲けが絡んでいる, 米露関係よりも, 米中関係は, 中国敵視を合理的と考えて続けるということがあるだろうか, ロシア敵視を不合理だとしてやめようとしている一方で, 2016年11月14日, 米国民を裏切るが世界を転換するトランプ, 弱体化させるだろう, トランプは911以来続いている米国の軍産支配を終わらせるか, であるように, 冷戦を終わらせた人, 世界的には, 非米側, 米国内的にはそういうことだが, クリントンより規模が大きい詐欺師だ, 就任後の政策が金持ち層の味方になるだろう, トランプは選挙戦で貧困層の味方をしたが, ブッシュ親子やレーガンの共和党政権がやってきたことのごたまぜの観がある, トランプの経済政策は, 2016年11月11日, トランプ当選の周辺, 2016年11月9日, トランプが勝ち, に転向してしまうことでもある, プーチン, 第二次大戦以来の世界的な単独覇権国である米国を, 米欧同盟を内側から壊す, 財政面の難題を解くには, バノンのポピュリズムは, 今後もトランプの側近から外れない可能性が高まっている, バノンは, ミサイルを発射して露アサド敵視の好戦策を開始したかのような演技をしたのでないか, 内部抗争で軍産が勝ってバノンがnscから外され, トランプ政権は, それをやるために, トランプの経済政策が議会で通りやすくなる, 民主党の好戦派がトランプに少し協力してれば, ミサイル発射により, 共和党内の茶会派が反対し続けても, 議会にトランプ敵視を和らげてもらう必要がある, 2017年4月11日, ミサイル発射は軍産に見せるトランプの演技かも, 軍産複合体と正攻法で戦うのをやめたトランプのシリア攻撃, 軍産の人々は戦争したがらなくなる, トランプが軍産傀儡っぽく戦争したがるほど, ロシアと戦争することになるのでダメだと言い出している, 軍人や諜報界の人々は, アサドを武力で倒すと激怒して息巻くトランプに対し, シリアをますます露イランアサドに任せるしかないという現実だった, ロシアと戦争できない以上, その結果見えてきたのは, シリアを濡れ衣ミサイル攻撃したが, 軍産の傀儡になってみせて, 2017年4月8日, トランプの2020年の再選に不可欠だ, 2017年4月14日, そこには大きな危険がある, 税込1512円, 2017年4月18日, トランプの見事な米中協調の北朝鮮抑止策, 北は4月15日の核実験を見送った, 米中が協調して北に圧力をかける初の作戦が展開され, 習近平はトランプの誘いに乗り, トランプがその策を一緒にやろうと習近平を説得することだった, 4月6の米中首脳会談の意味は, 北に言うことを聞かせる策をとった, 米中協調で北に最大の圧力をかけ, 中国を誘い, 今回初めて米国は, 2017年4月16日, 花伝社刊, トランプは北朝鮮に対し, 覇権の再編, トランプ革命の始動, 新刊本, 中国に北朝鮮核を抑止させるトランプの好戦策, 説得して核開発をやめさせるしかない, 中国主導で北を威圧, 米国に頼れず, その好戦策が北の核開発に拍車をかけている, 北核問題の解決策として馬鹿げた軍事的な好戦策しか示さず, トランプは習近平に対し, 中国に北を抑止させるためだ, 非現実的に好戦的な態度をとっている, 米連銀の健全化計画にひそむ危険性, 債券の放出をやらざるを得ない, アジアの多極化を加速する, ナショナリストを潰して米国をtppなど自由貿易重視の以前の姿に戻そうとするゴールドマンサックス出身のグローバリストの勢力が, 米露が内戦後のシリアのために用意している政治体制だ, ロシアの憲法草案やクルド支持から類推できる, を目指しているのが, シャリア排除, スンニ外し, 逆に厳しい, 従来のスンニ派懐柔策を放棄し, 2017年3月24日, 金融界がトランプ政権を乗っ取り米国をtppに戻す, 米国がtppに戻る可能性が増す, グローバリストが勝つと, 激しく対立している, wtoも無視して米国一国の利益を増大させたい経済ナショナリストの勢力と, このような非民主的なやり方をとらざるを得ないと考えたのだろう, tppやnaftaから離脱し, 貿易戦略のあり方をめぐって内紛が起きている, トランプ政権内で, 2017年3月21日, 欧州の自立と分裂, 自立と分裂の間で激しく動いていることは確かだ, euが解体と再編, それらがeu各国の選挙での政権転覆より先に行えるのかどうかあやしいが, もしかすると対露和解もやりたいかもしれない, 対米自立もさせていきたい, euを強化し, 軍事統合や2段階統合体制への転換を急ぎ, テロ戦争の構図を根絶するには, トルコが求める, 連銀は, 台湾が中国からかなり自立している現状を維持できる, 債券システムの活気が戻ったことを前提とした債券の放出を進めて大丈夫なのか, そんな時に米連銀は, 危機が増している, 債券金融システムは活性化に向かっていない, 連銀の保有債券を放出する資産健全化が試みられている, ゼロ金利是正としての利上げ, qeの日欧への押し付け, イエレンが目立たないように修正しようとして, バーナンキの過ちを, 2017年4月6日, 台湾に接近し日豪亜同盟を指向する日本, 中国が今後さらに国際台頭しても, クルドとアサドの影響圏の間のユーフラテス流域の従来のisカイダ地域に, 台湾の隠然とした後ろ盾になれば, 日本が, これらの動きによって, 日豪亜の経済関係強化の中に台湾を入れようとしている, 民進党が希求する台湾独立をそっと認めるような交流協会の名称変更を行い, 台湾の防衛力を強化し, 2017年3月29日, 内戦後のシリアを策定するロシア, プーチンやトランプが望まないことだった, の地域を挟み込むのは, 実はisカイダの焼き直し, 穏健なスンニ派アラブ, isカイダを排除した後に, 北核問題を好機としてトランプが作った米中協調体制は, 日本や豪州が何もしなければ, リセットされてしまう前に, 2007年, 情報源, 特定商取引に基づく表記, 個人情報保護方針, 以前の記事, 2015年, 2014年, 2013年, 2012年, 2011年, 2010年, 2009年, 2008年, 2006年, サイト内記事検索, 2005年, 2004年, 2003年, 2002年, 2001年, 2000年, 1999年, 1998年, 1997年, 1996年以前, 古いもののみ, 分野別, 自己紹介, しています, 北朝鮮, があります, 世界はどう動いているか, 国際ニュース解説, 田中宇の, さかい, たなか, 無料配信記事, 購読料は6カ月で3000円, 会員制の配信記事, がついたものは会員のみ閲覧できます, 以下の記事リストのうち, もっといろいろ詳しく知りたい方のための, 同じ内容の記事を, 新聞やテレビを見ても分からないニュースの背景を説明します, 独自の視点で世界を斬る時事問題の分析記事, フリーの国際情勢解説者, 有料配信の紹介, 新規登録はこちら, 購読料の納入, 登録情報の変更, 会員メニュー, 無料配信, メールアドレスを入力, でも配信, まぐまぐ, 中国台湾, イスラム世界, の予定海域をすべて影響圏として併呑し, トランプの東アジア新秩序と日本, 3つの問題はいずれも, 29日から米政府の一部が閉鎖されることだ, 4月28日までに米国政府の暫定予算が連邦議会を通過できない場合, 3つ目は, 北朝鮮が4月25日に核実験するかもしれないこと, 2つ目は, フランス大統領選挙の一回目の投票, 一つは4月23日, 世界的に3つの大事件が起こるかもしれない, 29日には, 4月23, 2017年4月22日, 中国と仲良くするのがよい, 混乱と転換が激しくなる世界, こちら側も海洋アジア諸国で結束したうえで, 中国と敵対するのでなく, 売国奴的な戦略になっている, 自滅的, 日本や豪州にとって, 対米従属一本槍は, 好き勝手にしてやられる, 今よりもっと台頭する中国に, 影響力が低下し, 日本や豪州は国際的に窒息させられ, その場合, 米国圏と中国圏が隣接する世界構造にする, 米国の覇権失墜と多極化を加速する, 2017年4月24日, 911事件, ロシアが東部2州の後ろ盾となり, 中南米, ウクライナ東部を事実上併合するロシア, euがキエフのウクライナ政府の面倒を見る新体制が始まったと考えられる, ロシアが東部自治政府の面倒を見て, ウクライナの事実上の二分割が確定し, 東部2州を分離してロシアに与える過程が完成した, ウクライナが送電を停止して東部との経済関係を完全に断絶し, 欧露会談の翌日, euのモゲリニ外相との会談で提案した, 内戦を終わらせていくのが良いと, 双方にミンスク合意に基づく停戦を守らせ, euがウクライナ政府の後ろ盾となって, ロシアのラブロフ外相は, 対米従属なはずの安倍政権が, 2017年4月26日, マクロンとルペンの決選投票はどうなる, フランス大統領選, ニュースの裏側, ラジオデイズ, 4月24日収録, 対米従属より対中競争の安倍政権, 日豪亜同盟としてのtpp11, 日本が豪州などと組んで対抗する必要があるからだろう, 中国主導の東アジア貿易圏であるrcepを急いで結成しようとしていることに対し, 中国がアジアの覇権国として, トランプが最近の北朝鮮核問題を契機として中国に寛容な態度をとり始め, それまで拒否していた米国抜きのtpp11を急に推進し始めたのは, 今の混乱のどさくさに紛れて, 極右や極左に選挙でeu各国の権力を奪われてeuがいったん解体, 2017年1月24日, だが世界各国は, トランプ当選までクリントン, の日本政府は, 対軍産従属, 2017年2月14日, 米国を孤立させるトランプのイラン敵視策, トランプは意図的にこれをやろうとしている, トランプの米国とまっとうにつき合う国が減っていく, しだいに, 実質的に離脱していく傾向を強める, イランに寛容でイスラエルに厳しい国連など国際社会を批判し, 当初予定していたロシアとの和解も棚上げし, それについてこない姿勢を強めている, イラン制裁を強化すると言っている, トランプ当選後, オバマがイランと結んだ核協定を破棄し, 2017年2月11日, 米国に愛想をつかせない世界, 払えなくなった国には財政破綻が待っている, 対米従属できる, 身代金を払える間は, 巨額のカネを出させる経済面で行われる, アジアへの嫌がらせはそこでなく, トランプから欧州への嫌がらせは政治分野で行われるが, リベラル民主を重要と思っていない, アラブなど西アジアは, だが日本など東アジア, 軍産複合体だけを応援していた, 急いで方向転換してすり寄ってきた安倍に, トランプからそこをないがしろにされると, やくざなトランプが再び日本を脅す, フリン辞任めぐるトランプの深謀, 対露和解とイラン核協定破棄の両方を棚上げする方に動いている, フリンの追放と同時に, そしてトランプは今, 米エリート層が許容できない2つの姿勢の主導役としてフリンを高位に据えた, 対露和解とイラン核協定破棄という, 軍産の圧力よりもトランプの意志だ, フリン更迭の原動力は, 微罪で側近を辞めさせる必要などない, 軍産マスコミと対立し続けてきたトランプは喧嘩に強く, 2017年2月16日, 従属先を軍産からトランプに替えた日本, 日本がこれらを拒否すると, トランプが提案したのは, tppより日本に不利な2国間貿易協定も提案されてくる, 日本車の米国内での生産比率の引き上げも求められる, これまでqeの副産物としてあった円安効果を殺していく, 米金融システムを支えるqeを続けつつ, 日銀は, 円高ドル安が容認される, 米国の対日貿易赤字を減らすため, この提案を了承した, 安倍は, そうすれば対米従属を続けさせてやる, 経済で協力しろ, 俺が再選して軍産潰しを続けられるよう, 対米従属をやめて自立を検討していかざるを得ない, リベラル民主主義への政治的なこだわりがあり, 今回の欧米全体でのナショナリズムの勃興は, トランプ革命の檄文としての就任演説, 米国の製造業を蘇生し, この役目を放棄し, 世界から無関税で旺盛に輸入して消費する役目を果たしてきた, 自国の製造業を意図的にないがしろにして, 覇権国の義務である世界経済の牽引役として, これまでの米国は, 覇権国になる前の戦前の状態に戻すことでもある, これは米国を, 西半球の地域覇権国, ふつうの大国, トランプの優勢につながる, 2017年1月28日, 意図的に対立構造の出現を誘発している, 製造や輸出で儲ける, トランプ陣営は, リベラル派は反トランプ運動を強めている, 趣旨をきちんと報じない, 就任演説を否定的にとらえ, 支配層の一員であるマスコミは, クーデターだ, これは革命, その地位を使って支配層を壊そうとしている, 支配層のトップに入り込んだのに, トランプは米大統領という, エリート層による支配構造をぶちこわせと米国民をけしかけている, トランプは大統領就任演説で, 輸入や消費をがんばる単独覇権国でなく, ふつうの国, 欧州は, 2017年2月3日, 2017年2月7日, ロシアのシリア調停策の裏の裏, 米イスラエルにつきあうロシアの演技, 露イランは齟齬するが敵対せず, 天然ガスでもイランと談合, コーカサス, アフガン, テヘランでは露イラン外交515周年の友好, しかしロシアは裏で露軍基地の百年租借をアサドと契約, それらにつきあうロシア, イラン敵視の主導役をネタニヤフに丸投げして押しつけるトランプ, イラン敵視を強めるトランプ政権, 文化大革命, 米国を覇権国からふつうの国に戻すトランプ, トランプの, 米国の伝統文化であるリベラルな社会風土を破壊しようとしている, トランプの革命には, 中国の伝統文化を破壊したように, 毛沢東の文化大革命が, と書いている, 米政府のエリート支配を潰せと大統領就任演説で呼びかけたトランプと同じだ, 司令部を砲撃せよと書いた壁新聞を貼り出して文化大革命を引き起こした毛沢東は, 毛沢東の壁新聞と同じだ, トランプのツイッターは, 文化大革命の時の毛沢東のようだ, 米国の分析者が, 2017年1月31日, 2017年2月21日, 米国でトランプ革命を引き起こしており, としては, 米国の民主主義の底力を示す素晴らしいストーリーであることが見えてくる, サウジが弱体化し, だがその前に, いずれサウジアラビアなどgccと和解するだろう, 2017年3月12日, トランプ政権の本質, 表と裏の激しい権力闘争が始まっている, トランプの大統領就任後, まだ軍産に握られたままだ, 裏の権力, を握った, 表の権力, トランプは大統領になり, トランプが大統領になったことが, ロシアも強硬策をやりたがらない中で, トランプを酷評するマスコミが軍産のプロパガンダ機関であることに気づけば, 始めている, たぶん命をかけて, 民意を無視して米国と世界を牛耳る軍産との果し合いを, 民主主義にのっとって大統領になり, 異色の存在だ, 就任後も明示的に軍産と戦い続けている, 軍産と戦うことを宣言しつつ選挙戦を勝ち抜いて大統領になり, 2017年3月7日, 軍産に勝てないが粘り腰のトランプ, 軍産支配を潰す暗闘を続けられる, 民主党を再度破って再選し, 米国が中東での影響力を低下させ, 中東での影響力を全力で拡大したい, 共和党を垂らし込んで弾劾を防ぎ, 昔の過激な対北好戦策をあえて次々と引っ張り出して今にもやりそうな感じで喧伝リークしている, 既存エリート層, euの上層部, 2017年3月16日, 核ミサイルで米国を狙う北朝鮮をテコに政治するトランプ, この線で見るとタイムリーだ, 韓国の大統領交代も, 対露和解などにつなげるつもりだろう, トランプは交渉に持ち込み, と言ってきたら, 北と交渉してくれ, 頼むから好戦策を引っ込めて, 軍産が, さらには軍産が顔をしかめるような, イエメン内戦をシーア派の勝利で終わらせたいし, 政治交渉につながる非公式交渉をドタキャンし, トランプはそれを承知の上で, 核問題を軍事でなく政治で解決したい, だから軍産複合体はトランプに北と交渉させ, 米国の迎撃ミサイルは当たらない, 2017年3月14日, イランの覇権拡大欲によって先延ばしにされている, サウジとイランの和解話は, 最大限の自治権を取らせてやりたい, サウジ東部のシーア派住民にも, も完遂したい, 民主化, バーレーンの, 身辺警備を徹底して暗殺を防げば, wtoを無視して国内の雇用拡大にいそしみ, トランプは米国覇権の放棄による多極化を進めている, 北朝鮮は, を北に飲ませる, 実験しないといった, これ以上作らない, 核を輸出しない, 核兵器を完全廃棄させるのは無理なので, に沿っている, ペリー案, オバマ時代の昨年初めに発表された, トランプの対北戦略は, 中国による政権転覆を抑止するための金正男殺害を挙行した, 軍事力誇示のミサイル試射や1月末の原子炉再稼働, 米中との交渉への準備として, 2017年2月23日, 崩壊に向かうeu, になったeuが解体に向かっている, 古いバージョンのシステム, この流れの中で, トランプのシナリオに沿って多極化が進んでいる, euのシナリオでなく, 逆方向からの多極化によって打ち負かされている, トランプが進めるナショナリズムによる, このシナリオは, それによって世界の多極化が進展する可能性があった, アフリカや中南米でもeu型の国家統合が進み, euのナショナリズム超越による国家統合が成功していたら, 中国も, この線で基本的に不満はない, 米連銀を巻き込んでバブルを維持して金融危機再発を先延ばししつつ, 米軍の敵である露アサドイランの連合体に入っている, 今後の選挙に備えていない, なぜ自分たちが民意の十分な支持を得られなかったかを考察反省せず, トランプ陣営はロシアのスパイだと無根拠に叫ぶばかりで, 軍産謹製のロシア敵視の濡れ衣戦略に便乗してしまい, ロシアが不正介入したので米大統領選に負けたんだという, 米民主党は, 独特なやり方と言い回しで民意の支持拡大に努める共和党のトランプと対照的に, 2017年3月2日, 目立たないかたちで中東の非米化が進んでいる, 各所に目くらましが入りつつ, 米国が敵視してきたアサド政権が安定に不可欠という見方が国際社会で広がっている, シリアをめぐっては, 米軍傀儡のはずのイラク軍が, 米朝対話が始まれば6カ国協議が再開され, 初めてシリア国内のis拠点を越境空爆した, アサド政権やロシアと連絡を取り, イラクの空軍は, 米国抜きの新秩序を作る動きを進めている, 各国が, 米国が具体策を出さない不透明感の下で, 中東では, 2017年2月27日, 中国の協力で北朝鮮との交渉に入るトランプ, 軍産の妨害が予測される, 在韓米軍の撤退まで進む, 朝鮮戦争の正式終戦, それらが全部成功すると, 優勢になるトランプ, 以前からの中国の国家戦略だったかのような印象を受ける, クリントンの現職性によるマイナスを差し引くと, シリアに続いてコーカサスでも繰り返されている, ゼロ金利の永久債, 名目インフレ値より低い固定金利を設定して事実上のゼロ金利にすることによって, 償還までの長さを無期限に延長し, 日銀がqeで買い支えた日本国債の一部について, 安倍政権は, それは欧州でなく日本だ, 挺身的なドル救済策として日欧が何か奇策を今後やれるとしたら, 2016年4月13日, ナゴルノカラバフで米軍産が起こす戦争を終わらせる露イラン, 露イランの影響下に入る傾向を強める, その後のコーカサスは米国でなく
Thumbnail images (randomly selected): * Images may be subject to copyright.GREEN status (no comments)

The site also has 2 references to external domain(s).

 radiodays.jp  Verify  morningstar.com.tw  Verify


Top 50 hastags from of all verified websites.

Supplementary Information (add-on for SEO geeks)*- See more on header.verify-www.com

Header

HTTP/1.1 200 OK
Date Wed, 26 Apr 2017 21:40:53 GMT
Server Apache
Last-Modified Wed, 26 Apr 2017 10:32:58 GMT
ETag "48c0132-19d09-5d290a80"
Accept-Ranges bytes
Content-Length 105737
X-Powered-By PleskLin
MS-Author-Via DAV
Connection close
Content-Type text/html

Meta Tags

title="田中宇の国際ニュース解説"
http-equiv="Content-Type" content="text/html;CHARSET=UTF-8"
name="description" content="フリーの国際情勢解説者、田中 宇(たなか・さかい)が、独自の視点で世界のニュースを分析した解説記事集。新聞やテレビを見ても分からない、世界中のできごとの背景を説明します。"

Load Info

page size105737
load time (s)1.408716
redirect count0
speed download75059
server IP180.222.182.181
* all occurrences of the string "http://" have been changed to "htt???/"