If you are not sure if the website you would like to visit is secure, you can verify it here. Enter the website address of the page and see parts of its content and the thumbnail images on this site. None (if any) dangerous scripts on the referenced page will be executed. Additionally, if the selected site contains subpages, you can verify it (review) in batches containing 5 pages.

site address: tanakanews.com

site title: 田中宇の国際ニュース解説

Our opinion:

GREEN status (no comments) - no comments
After content analysis of this website we propose the following hashtags:


Proceed to the page?Powered by: Very Tiny URL Shortener at http://vturl.net VeryTinyURL
page from cache
Meta tags:
description=フリーの国際情勢解説者、田中 宇(たなか・さかい)が、独自の視点で世界のニュースを分析した解説記事集。新聞やテレビを見ても分からない、世界中のできごとの背景を説明します。;

Headings (most frequently used words):

田中宇の国際ニュース解説世界はどう動いているか,

Text of the page (most frequently used words):
#トランプは (20), イランは (5), #よみがえる中東和平 (3), シリア (3), #トランプは表向き (2), #混乱と転換が激しくなる世界 (2), #トランプが (2), しかし (2), ロヒンギャ (2), 米国の (2), 多極化 (2), サウジは (2), もはや (2), 北朝鮮 (2), 米国は (2), に戻そうとしている (2), 関連記事 (2), #中国の覇権拡大の現状 (2), #イスラエルに対し (2), #投資家の夢の実現 (2), 不透明な表層下で進む中東の安定化 (2), イランのミサイル試射を機に (2), 一帯一路 (2), 習近平は (2), それは (2), その結果 (2), トランプ政権は (2), 北朝鮮は (2), 田中宇プラス (2), トランプの苦戦, 中国やソ連が米国の仇敵で, 韓国が貧困国だった冷戦初期の遺物だ, 日欧中銀は, qeを縮小するふりをして裏で続けている, qeで進む金融市場の荒廃, アジア覇権の放棄か, 在韓米軍は, 二者択一を迫っている, 北との戦争か, 米国に, 北の核ミサイルの出現は, 2017年8月31日, 日本はこっそり台湾の核武装を支援する, トランプは転向していない, 日韓は, 対米貿易黒字で大儲けしているのに, 日本がやると, 連銀の政策も自分好みにねじ曲げていくだろう, バブルの維持が困難になり, それもいずれ終わる, 引き続きバブル膨張を続ける, 株や債券の相場は上昇し, 銀行は高リスクな投資に走らされ, 連銀の利上げや勘定縮小は棚上げになる, ドッドフランクは無効にされ, 日欧中銀のqeは限界に近づいているが, 財政と税制において好きなようにやった後, 防衛を米国にやらせている, 軍産エスタブに負けていないと感じられる, トランプが依然として大きな権限を持っており, 今回トランプが民主党と組んで財政問題を解決したことからは, 縮小すると金融危機になる, 2017年9月14日, 北朝鮮と日本の核武装, アジアでの中国の一強体制が崩れて均衡する良い効果がある, 核武装は日韓を台頭させ, 韓国や台湾も核武装する, 核武装して, 覇権勢力と取引している, 米国が凍結を拒否しても, 今回の取引はトランプにとってうまくいったことになる, 北との和解を掲げて当選した, 10月になっても何も議会を通っていない場合, 民族自決や, トランプと覇権勢力の関係が, 韓国の文在寅大統領は, 韓国が凍結したいと表明すれば凍結になる, 米韓軍事演習は, 当選後, また荒れることになる, 韓国が持っている, この問題をとくカギは米朝でなく, 米朝双方の強硬な敵対姿勢が続いている, 落としどころがないまま, 和解にも至らない, 戦争にもならないし, 米朝対立は, 議会の共和党がトランプの経済政策を通すようになると, 北に対して対話を提案したが, 日本を対米自立した大国にしたい, 北朝鮮危機の解決のカギは韓国に, 2017年9月8日, 今のところ, 日本の保守派は, トランプを弾劾する罪も見当たらないので, 米国の専門家が次々と出している, 日本や韓国が独自の核兵器を持つことを許すべきだという主張を, 北朝鮮の核ミサイルをめぐる米朝対立が激化する中, 2017年9月10日, それは緊張緩和と南北対話の実施につながる, 今回の米朝の対立激化の流れの中で, 米韓合同軍事演習を凍結すると宣言すると, 彼が辞めさせられることはない, 中露提案のダブル凍結案を支持し, 文在寅が, やがて大崩壊する, 覇権派との闘いはまだ続く, もし今後, 北に無視されている, 作者あての, アルカイダ, トランプの経済政策でバブルの延命, 日本が右からの対米自立を進めていく流れは変わりそうもない, を傘下に入れ, isアルカイダの残党, シリアのスンニ派, イラクのスンニ派地域と, トルコは, シリアのアサド政権を傘下に入れている, イラクのシーア派政権と, イラクとシリアにおいて, 2017年10月1日, 日本の解散総選挙とqe北朝鮮トランプ, 政権交代が起きても起きなくても, 新オスマン帝国戦略, 覇権放棄につながる言動を活発にやっているトランプがいる, すでに米国には, すでに似たようなことをやっている, 安倍自身, 右からの対米自立を目指す方が現実的ともいえる, 安倍以上の右翼として振る舞い, 鳩山政権の時のような正攻法を繰り返す必要はない, 小沢は, 小沢一郎の影があることも気になる, 小池や前原のまわりに, 彼らの復興の世話をすることで影響圏拡大, をめざす, 悪の枢軸, アングラ民間なビットコインなどしかない, 国家統合を早く進める独仏主導のa組への加入は厳しい条件が多く大変だが, 欧州統合が多段階方式に移行した場合, 2017年10月9日, その後出てくる仮想通貨, 中央銀行とトランプのバブル延命, 安定した仮想通貨が立ち上がる, imfなどによって, ドルに代わるいくつかの基軸通貨の仕組みの一つとして, その流れの中で, いずれバブルが崩壊すると, 金融界によって乱高下させられる, クルド人はイラクとシリアの両方で自治を拡大し, 安定した仮想通貨が出てこない, qeや規制破壊によって巨大な金融バブルを維持している間は, 中央銀行群とトランプが, 2017年10月5日, クルド独立とイラントルコの合同戦略, 今回のイラククルドの独立投票の背後にある大きな動きだ, これが, イランやトルコから事実上の独立を認めてもらう, シリアクルドの野心やpkkの闘争を抑止する見返りに, イランやトルコの言うことを聞くイラクのバルザニが, 2017年9月29日, トランプの新, 2017年9月18日, シリア内戦の終結, 従来の米国と中国が主導してきた解決策と, 今回のプーチン案は, 経済協力も実現しない, 北は脅されるほど突っ張って核ミサイルの開発を進める現状が続くなら, 米国が北を先制攻撃すると脅し, 北が国連決議に従わないと進められない, プーチンが提案した北をめぐる経済協力案は, 2017年9月20日, 窮するイスラエル, イランの台頭, ロシアがいるのでイランとイスラエルの戦争にはならない, 今回の案が北朝鮮に対し, 脅威が急増している, その空白を仇敵のイランやヒズボラに埋められ, にシリア南部を去られてしまい, 市場の荒廃, 味方をしてくれていた米軍や反政府勢力, イスラエルは, 急速に埋めている, イランとその傘下のヒズボラなどシーア民兵団が, 米軍とその傘下の反政府勢力が撤退した軍事的な空白を, シリア南部では, 大きく異なっている, 米国に脅されても挑発に乗らず無視して, のシステムを崩していくことにつながる, トランプが北朝鮮を先制攻撃するぞと脅すほど, ペトロダラー, ドルの基軸通貨性を支えてきた, ベネズエラがドルでなく人民元建てで石油を売り始めることは, 米国抜きの中東の国際秩序が出現していく, イランは中露やeuに支えられて台頭を続け, トランプがイランを敵視するほど, 朝鮮半島は米国の覇権下から離脱して中露の側に転じる, 北朝鮮問題は米国抜きで解決され, プーチン案をやらせようとする, 中露や韓国は北朝鮮を説得し, 悪の枢軸戦略を繰り返し進めようとするだろう, 露中や韓国と一緒に, トランプ今後, 2017年9月24日, プーチンが北朝鮮問題を解決する, プーチン案はそれと正反対だ, 米国の挑発に乗らざるを得なかったが, 北は米国を無視できず, 従来の解決案は米中主導だったので, を持ちかけていることだ, 米国無視, 鉄道やパイプラインをつないで経済開発しようよ, 廃墟化が進んでいる, 民間の自由市場として死んでいる, の傾向が増し, 強欲さ, 強欲資本主義が懐かしい, 金融システムの活性は戻らない, 官製のネズミ講と化している, 金融市場は, マスコミや専門家にウソの絵を描かせている, 好景気なので相場が上がっていると, 市場は死んでいるのに, 市場の活性が失われた, の源泉だった彼らがいなくなり, 金融界の天然の活性, 金融は本物の死を迎える, だが同時に, その点で危機が起きにくくなった, 金融危機を起こして儲けるる勢力もいなくなり, 投資銀行やヘッジファンドなど, 米連銀など中銀群のqeという生命維持装置で生きているように見せている, 債券金融システムは, リーマン危機後, 2017年7月21日, リベラルとトランプ, 多極化策は成功している, qeをやめて万策尽きると, 官製ネズミ講と化した金融市場, と表明する事態になった, 同盟関係を建前的に残している, この状況に, イラクのスンニ派地域を分離してしまいたい, 本心では, と言うが, イラク国家の統合が最優先, 口でこそ, その宗主国であるイランは, イラク政府や, 2017年7月26日, natoを出ていくトルコ, ロシアや中国に軽く見られて損をするので, 2017年7月23日, 米欧と早々と縁を切ってしまうと, natoに加盟したまま露中イランとの関係強化を進めていることだ, 露中側の両方と有利に交渉できるよう, 米国側と, まだ米国が覇権国である世界体制が完全に崩れ去ったわけでないので, 考えられる理由は, なぜなのか, natoにとどまっている, それでもエルドアンはnatoを離脱すると言わず, トルコと欧米の関係は悪化し続けているが, トランプの覇権放棄策, トランプの米国とは一緒にやっていけない, トルコと, 2017年7月8日, 習近平はこれに賛成し, 多極化を進めつつ世界を安定させようというのが6月のプーチンの提案だった, その地域の覇権を米国でなく中露が持つようにして, アフガニスタンなどの再安定化を中露が手がけることで, 米国が手を出して失敗した北朝鮮, それをさらに一歩進め, ユーラシアの安定化を一緒に進めてきた, 00年に上海機構を作って以来, 中露は, 理不尽な敵視策で覇権放棄を狙うトランプ, 結束して国際問題の解決に乗り出す中露, 米国が覇権を放棄して世界を多極化へといざなう覇権放棄策だ, 世界のまとめ役を米国に頼めないから自分たちがやるしかないと考えるように仕向け, 呆れさせて, 他の諸大国を怒らせ, トランプの理不尽策は, 保護主義的な貿易紛争やその他の理不尽な敵対策を吹っかけて怒らせる策略を強めている, 米国に代わってg20の主導役をやれそうな中国とドイツに対し, それを前に米トランプ政権は, 7月7日からドイツで開かれる, 多極型の国際社会を象徴するg20サミットが, 今回の中露結束の新戦略が始まった, 2017年7月10日, ドイツを筆頭とする同盟諸国が, ブッシュ政権は, 最初のg7やg20のサミットで, 就任後, リベラル軍産の戦略そのものを否定し, トランプはその戦略をバージョンアップして, リベラル軍産の戦略を過激にやって失敗しただけだったが, 同盟国不要論, 単独覇権主義, 政権転覆, 強制民主化, 2017年7月15日, トランプの覇権放棄は, 多極型世界の始まり, 多極型の世界運営が始まっている, トランプの米国に代わって主導役を担うようになり, プーチンのロシアなどが, メルケルのeuや習近平の中国, 国際社会は米国に頼らずに世界運営をせざるを得なくなった, 米覇権が崩れた結果としての多極型の世界をうまく運営していくことを重視するようになる, 米国が単独覇権を立て直すことより, 国際社会は, 短期的な現象でない, 自分たちの利得の機会を見出しているのが, クルド自治政府だ, qe中毒, 国内経済のテコ入れ, バノンがいなくても進められる, の推進に注力することにした, バノンは政府外に戻って, を進めるためバノンが辞任し, 共和党に阻止されている, 今回は, の3つの戦線をたたかっている, 米国社会を分裂させて支持基盤を拡大, 政権維持策としてのバブル延命, 貿易圏潰し, 米政府閉鎖や金融危機が起きると, 貿易や外交の分野での覇権放棄, 2017年8月21日, 北朝鮮問題の変質, 米国に具体的な脅威を与え始めている, 北朝鮮はその策に風穴を開け, 冷戦後の米国の世界支配の策だった, 同盟諸国を対米依存にしておくのが, 遠くの中小の勢力を敵として威嚇し, 米国自身は脅威を感じず, 北朝鮮が初めてだ, が失敗して今秋, トランプの人気は下がるが, 実際のミサイル発射をともなう形で, 内戦終結に向けて交渉する展開がありうる, 中銀群のqeでのみ支えられる, 金融市場は民間投資家からの需給でなく, 世界的に, 欧州も似た状態だ, でない, 資本主義, qeを続ける日銀の独占状態となり, 日本の金融市場は, 2017年8月27日, トランプの軍産傀儡的アフガン新戦略の深層, タリバンの側に立つ中露イランが, 米国覇権の衰退に拍車がかかり, アフガン政府の側に立つ米国と, トランプが今回の演説で示した姿勢を今後も変えずに実践した場合, アフガニスタンに派兵していない中露イランの影響力には限界があった, アフガニスタンを軍事占領していたため, 脆弱なアフガン傀儡政府の維持に固執しつつ, 米国がタリバンとの和解を拒否し, これまでは, 2017年8月25日, バノン辞任と米国内紛の激化, トランプやバノンの目標である米覇権の解体が進む, 米国を攻撃すると威嚇したのは, とされた中小諸国の中で, トルコ人もクルド人もほとんどがスンニ派だ, 国際的な影響圏の設定をやろうとしていると感じられる, 北朝鮮が核ミサイルの開発を続け, 2017年8月3日, 中国と和解して日豪亜を進める安倍の日本, その象徴はtpp11だ, 対等に協調していこうとしているように見える, ユーラシア大陸に影響圏を広げる中国と, それを持って, に日本の影響圏を設定しつつ, 日豪亜, 海洋アジア地域, 多極型の世界において重要になる, 命中精度も上がり, 米中のバランスをとりつつ, 安倍政権は, 2017年7月31日, 独立しそうでしないイラクのクルド, 少しづつ進んでいる, という話が, その後見人であるトルコがお世話しましょう, 代わりにクルド自治政府と, 国内のスンニ派の世話をできないなら, イラクのシーア派が, 米本土に届くことが確実になり, 北の脅威の抑止でなく, 米国の単独覇権戦略上の, 逆に米国にとって脅威になった, グアム島を先制攻撃すると脅したりして, 米本土に到達すると称するミサイルを作ったり, 核やミサイルの開発を急ぎ, 米国に敵視されるほど, 2017年8月16日, 北朝鮮の脅威を煽って自らを後退させる米国, しだいに誰の目にも明らかになる, 逆に脅威を扇動している現実が, 米国自身と韓国の両方にとって, 在韓米軍を撤退しない場合, 米国が在韓米軍を延々と駐留させていることが, 北のミサイル技術が上がるほど, ソウルが破滅するのでやれない, 米国が北を先制攻撃したら, 北のミサイルの脅威から守れない, 自国を, 北のすぐ近くに2万人規模の在韓米軍を駐留しているのに, 軍産にとってまずいことになる, と米国を脅し始めると, 核ミサイルを米本土に撃ち込むぞ, 統合をゆっくり進めるb組への加入は比較的簡単になる, 暗闘に翻弄されてきた, スペインは, 大きな動きがある時だけ書いていくやり方だと事態を見誤りかねない, 米国務省など外交専門家, トランプは今回の和平策を, クシュナーとサウジmbsの若手2人にやらせた中東和平の失敗の末に発せられた, トランプのエルサレム首都宣言は, 2017年12月10日, 今回はその1回目だ, 中程度の動きをオムニバス形式で綴り続けていくのが良いと感じた, と題し, 3か月に一度, 中国の覇権拡大について, 軍産複合体, 米国の覇権がじわじわ縮小していく可能性がある, 中国の覇権がじわじわ拡大し, 2017年12月5日, ビットコインと金地金の戦い, ビットコインに不利な新世界秩序になる, 金地金に有利, 世界の覇権体制が国家臭の強い多極型に転換し, いずれqeのバブルが崩壊すると, 金地金の相場が低いままの状態を長期化しようとしている, ビットコインが金地金を潰しにかかるよう仕向け, 米覇権主義勢力, を徹底的に外して未熟な2人に任せることで故意に失敗させ, 中銀群のqeのバブルを延命させるため, ヨルダン王政をうまく転覆してパレスチナ人を強制移住させたい, ドルの究極の敵である金地金潰しをやらされて米覇権延命派の傀儡と堕したが, ビットコインは, 各種の暗号通貨のうち, 2017年12月17日, 長期化する絶望, 中東和平の終わり, エルドアンの人気取りに使われて終わりそう, どうやら口だけだ, イスラム諸国は怒って非難決議を出したが, それで中東和平の完了としたい, 米国の国際信用を落とす覇権放棄策を進めた, 西岸や東エルサレムを放棄させ, パレスチナ人にガザだけで国家を作らせ, 米イスラエルとサウジは, 2017年12月14日, トランプのエルサレム首都宣言の意図, さもなくば反米イスラム勢力に政権を乗っ取られる懸念が増す, 対米従属をやめて非米化せざるを得ない, 今後しだいに親米アラブ諸国は, 特に親米アラブ諸国にとって対米従属を続けられなくするものだ, トランプの宣言は, 資金をビットコインに注入して高騰させ, ドルや債券, 米国の好戦的な覇権策を迂回し無力化するための, 自国の西側でレバノン, 製造業や建設業は中国企業, 復興事業を展開する, 中国がインフラ投資, イランやロシアが安定化した地域で, と重なっている, 中国の習近平が推進する, 広大になったイランの影響圏は, 自国の東側ではアフガニスタンでロシアや中国と協力し影響力を強めている, イラクを影響圏に入れ, 2017年11月25日, 使われる通貨は人民元だ, バブルを支えてきたジャンク債の不安定化, そんなに長く延命できるのか, 覇権が多極化する感じか, 人民元やsdrの基軸制にとって代わられ, 米日欧の巨大なバブル崩壊が起こってドルの基軸性が壊れ, 習近平の任期が終わる2022年までの間に, トランプの再選後, ちょうどトランプが再選されるころだ, 2020年にはすべてのバブル延命策が限界に達する, さらにトランプの減税と規制破壊で2年持たせても, エネルギーや軍事はロシア企業が担当し, 米国に依存しない, 金融界は, 問題は, 2017年12月1日, 問題の深層, ミャンマー, スーチーを非難している, 欧米やイスラム世界の軽信的な市民らが乗せられて義憤に駆られ, ミャンマーを極悪な存在に仕立てている, 巧妙なプロパガンダ策であるカラー革命の手法で, ciaなど米軍産とつながったサウジ王政のイスラム聖戦部門がロヒンギャを支援し, 一方的な虐殺でない, ミャンマーが数多く抱える少数民族と中央政府との内戦の一つであり, バングラへの編入を目標に武装闘争してきた, 非米同盟, ミャンマーからの分離, 戦後ずっと, と呼ばれているミャンマーのバングラディシュ国境沿いのラカイン州北部のイスラム教徒たちは, ロヒンギャ人, ミャンマー以外の国々で, 2017年11月28日, 中東非米同盟の出現, イスラム国の滅亡, 中央アジアや中東が発展していく, の地域として, 中露が国家として計画している暗号通貨は, 多極化の道具として使われ始めている, 2017年11月21日, 特定商取引に基づく表記, メールアドレスを入力, でも配信, まぐまぐ, 同じ内容の記事を, しています, サイト内記事検索, 自己紹介, 情報源, ツイッター, 個人情報保護方針, 無料配信, 以前の記事, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2012年, 2011年, 2010年, 2009年, 2008年, 会員メニュー, 2006年, 会員制の配信記事, 世界はどう動いているか, 国際ニュース解説, 田中宇の, さかい, たなか, 無料配信記事, 購読料は6カ月で3000円, がついたものは会員のみ閲覧できます, 登録情報の変更, 以下の記事リストのうち, があります, もっといろいろ詳しく知りたい方のための, 新聞やテレビを見ても分からないニュースの背景を説明します, 独自の視点で世界を斬る時事問題の分析記事, フリーの国際情勢解説者, 有料配信の紹介, 新規登録はこちら, 購読料の納入, 2007年, 2005年, 当面はビットコインや覇権延命派が強いが, 豪州の権威ある専門家たちは, 2017年12月20日, 12月18日の短信, 国力のさらなる大幅低下が不可避だ, 無策な日本は, 日本の権威ある専門家やマスコミは米覇権の低下をふまえた新戦略を議論したがらない, 対照的に, aseanと一緒に中国の台頭に対抗するとか, 対米自立した国際戦略を公式に論じている, 米国覇権の低下をふまえ, ツイッターと連動, 中東の戦略ではネタニヤフの言いなりだ, 過去の短信一覧, インドも丸め込まれるかも, 一帯一路は儲かるので日本企業も尻尾振り, 中印は年末に国境紛争の解決に向けて話し合うことに, 先日の中露印定期会合で, 中露同盟や一帯一路に引き込もうと画策, インドを日米豪印の中国包囲網から引き抜き, 中国とロシアが, 米覇権延命と多極化の両極で戦う暗号通貨, いずれ逆転していく, 東アジアの戦略で安倍の言いなりで, 世界を率いる立場にある覇権国なのに, 2004年, 中国台湾, 2003年, 2002年, 2001年, 2000年, 1999年, 1998年, 1997年, 1996年以前, 古いもののみ, 分野別, イスラム世界, 主導役になることを放棄している, 911事件, 中南米, 安倍とネタニヤフの傀儡を演じたトランプの覇権放棄策, 覇権の多極化を目標としている, トランプは米国の覇権放棄, これは意図的な戦略だ, 日本やイスラエルが米国に頼れない状況を作っている, 結果として, これ以上ないぐらい日本やイスラエルの傀儡になりつつ, 米国との同盟関係を強めたい日本やイスラエルの国策に全面的に乗り, 日米欧のqeで08年のリーマン危機から10年持たせ, サウジアラビアの自滅, カタロニア問題をうまく解決できればa組に入り, トランプは本気かも, を加速する, 米国抜きの北問題の解決, 中露主導, 日本も隠然と合流, 韓国を中露に合流させ, トランプの好戦策は, 対米従属や対米協調を続けるのを危険と感じるようになる, と不安に駆られ, そのうち高官たちが, 2017年10月25日, 道理を無視して北を先制攻撃する道を進む, と高をくくっている限り, トランプが先制攻撃するはずがない, 韓国や中国や日本などの高官が, 今にも先制攻撃しそうな感じを強めていく, トランプは今後, 先制攻撃を米軍に命じることはできる, 政治経済の道理を無視して, トランプは北を先制攻撃しないが, 政治経済面から考えて, 北朝鮮危機のゆくえ, 以前の株式のバブル崩壊は, 墨を日本主導のtpp11に押しやるトランプ, 米国などでメルトアップが起きている, 権力の継承を制度化した, トウ小平が作った集団指導体制はそれを改善し, 権力闘争によって不安定になりやすいことだ, 中国の弱点は, 安定したアジアの覇権国にすることだ, 中国を国際台頭させ, 習近平の目標は, 2017年10月27日, 金融市場はメルトアップの後にメルトダウン, 今回は9月以降, 株価が下落したところでいっせいに買いを入れるために起きる, 遅まきながら株で儲けたい一般市民が次々と株式口座を開設し, 株価上昇をマスコミが喧伝し, 株が下がるどころか逆に上がる現象だ, その後, 株価の下落を引き起こす出来事が発生すると, が起きている, メルトアップ, の前に, メルトダウン, 2017年10月21日, naftaを潰して加, 未来の中国人たちに, 大英帝国の運営者が, 彼が相克を終わりにできるかどうか, の側と果敢に闘っているが, 人類の近代史は丸ごと相克になっている, 実際の歴史はそうならず, が実現していただろうが, 歴史の終わり, 百年以上前に, 帝国の解体と市場化に全面賛成していたら, 19世紀末に, 田中宇史観, 中国の一帯一路と中東, 帝国と資本の相克, 人類は百年以上, 19世紀末以来, 2017年10月13日, カタロニア独立を可能にするeuの多段階統合, euのb組に入り直すことが可能になる, euの厳しい条件を嫌って離脱した英国も, その後安定してカタロニアの方が優等生ならカタロニアだけa組に移るといったことが可能になる, うまく解決できない場合はスペインとカタロニアが別々にb組に入り, まだわからない, 世界帝国から多極化へ, 主導のtpp11が発足するだろう, トランプはメキシコとカナダ, いずれ米国主導のnaftaがなくなり, tpp11に期待している, 墨は自国の貿易多様化のため, 戦略の一つだ, 米国覇権放棄, これはトランプの, に厳しい条件を出してnaftaを潰そうとしている, 2017年10月20日, 2017年10月18日, トランプのイラン核協定不承認の意味, 自滅的な覇権放棄の策をやらせている, 議会や軍産に, トランプは覇権放棄屋として, トランプ自身がイランを嫌っているからやっているのではない, トランプのイラン敵視策は, どちらにしても米国の覇権縮小になる, イランを制裁しない場合は中東での影響力を低下させる, イランを制裁した場合は米欧同盟に亀裂を入れ, 米議会は, 自分が死んだ後も中国が安定した覇権国であり続け, 今のすごい中国があるのは習近平のおかげだ, サウジとの友好関係を強めると宣言している, 海洋アジアと中国が接近, シリア内戦, イランやヒズボラから直接的な脅威を受けていない, 2017年11月15日, 安倍に中国包囲網を主導させ対米自立に導くトランプ, 世界の多極化策となっている, アジアの自立誘導策, 中国敵視に見せかけた, トランプが安倍から借用して開始したインド太平洋戦略は, 協力していくよう仕向けている, 米国がアジアから出て行く中で, カタール制裁, 日本など海洋アジア諸国を対米自立の方に追いやり, 2国間貿易協定もやりたがらないことによって, 米国がtppを離脱し, 軍産に対する目くらましとして中国包囲網を演じながら, マスコミに対する演出, 2017年11月13日, 夢破れたクルド, サウジの接近で分割を免れたイラク, それと逆の動きになっている, よく見ると, イエメン戦争, そしてレバノン内政においても, 表向き, ずっと米国に騙され続けたサウジの皇太子mbsは, 中国の習近平は最近, そうなることを予測しているかのように, イランとも和解していく, ロシアや中国に今よりさらに接近し, おそらく米国と距離を起き, その後は, 安保戦略を米国に依存していたことの愚鈍さに気づくだろう, 米国に騙されてきたことに気づき, いずれ自国がかなり弱くなった後に, 権力に登って以来, イランとの影響圏拡大競争に負けた, 2017年11月19日, サウジアラビアの暴走, 大量虐殺の戦争犯罪行為でしかない, 戦略的な合理性が全くなく, いずれも, イエメンを餓死と疫病蔓延の状態に陥れている, 港湾を封鎖して国際援助物資の搬入を妨害し, サウジはイエメンでも, レバノンを空爆しようとしている, 若気の至りなサウジの皇太子は負けを認めたくないので, トランプがイランとサウジの戦争をけしかけているが, 中東全体が安定する, と思わせたい, 一帯一路は, が安定したアジアの覇権国になると, 計画どおり2050年に中国, 中国共産党が投資家として機能しているともいえる, 習近平による一帯一路は第2弾だ, の第1弾で, トウ小平以来の中国自体の高度成長が, インフラ整備によって準備する, 地政学的にタブーだったユーラシア内陸部の高度成長を, である, 地政学的な逆転が起きる, であると同時に, 中国の夢の実現, 習近平の一帯一路は, 2017年11月1日, 中国の権力構造, 党総書記と国家主席を辞めるだろう, 習近平は2022年の任期末で, 米欧日マスコミの予測に反し, 独裁者にならず集団指導体制を守らねばならない, そのためには, ユーラシア内陸部への国際的な経済テコ入れが完全に解禁され, 覇権の多極化が定着し, サウジがイラクのスンニ派地域の再建に投資しつつテロ支援をやめていくなら, 中国やロシアに接近し, サウジが接近してきてくれたおかげで国家の分割を免れた, イラクは, クルド人はまたもや国際政治の激変の中で使い捨てにされて自治を失ったが, 2017年11月8日, 米朝核戦争の恐怖を煽るトランプ, 北を先制攻撃すると言わなくなる, 韓国が安保面で米国から離れた時点で, 北の問題は米国を外したかたちで解決していく, 北は交渉に乗りやすくなり, 韓国は中露と一緒に北朝鮮問題をプーチン案で解決しようとする, 安保面で米国と疎遠になるとその分, 帝国と資本の百年の暗闘において資本側が逆転勝利する, 韓国は, 米韓軍事同盟の解消を韓国が米国に求めてくるように仕向けている, 米韓軍事演習の中止, 在韓米軍の撤退や, 韓国に対米従属をやめさせ, 韓国人の反米感情や対米自立心を煽り, 韓国の破滅につながる北との戦争をやると言い続けることで, 米国覇権の放棄を追求するトランプは, 2017年11月4日, 世界資本家とコラボする習近平の中国, 2017年7月4日, イランからイラク, 中国も利益を得る, 民意を無視して米国と世界を牛耳る軍産との果し合いを, 裏の権力, を握った, 表の権力, トランプは大統領になり, 米国の民主主義の底力を示す素晴らしいストーリーであることが見えてくる, トランプが大統領になったことが, トランプを酷評するマスコミが軍産のプロパガンダ機関であることに気づけば, 始めている, たぶん命をかけて, 民主主義にのっとって大統領になり, トランプの大統領就任後, 異色の存在だ, 就任後も明示的に軍産と戦い続けている, 軍産と戦うことを宣言しつつ選挙戦を勝ち抜いて大統領になり, 2017年3月7日, 軍産に勝てないが粘り腰のトランプ, 軍産支配を潰す暗闘を続けられる, 民主党を再度破って再選し, 身辺警備を徹底して暗殺を防げば, 共和党を垂らし込んで弾劾を防ぎ, wtoを無視して国内の雇用拡大にいそしみ, まだ軍産に握られたままだ, 表と裏の激しい権力闘争が始まっている, 今後の選挙に備えていない, サウジ東部のシーア派住民にも, 政治交渉につながる非公式交渉をドタキャンし, トランプはそれを承知の上で, 核問題を軍事でなく政治で解決したい, だから軍産複合体はトランプに北と交渉させ, 米国の迎撃ミサイルは当たらない, 2017年3月14日, イランの覇権拡大欲によって先延ばしにされている, サウジとイランの和解話は, 最大限の自治権を取らせてやりたい, も完遂したい, トランプ政権の本質, 民主化, バーレーンの, イエメン内戦をシーア派の勝利で終わらせたいし, 中東での影響力を全力で拡大したい, ロシアも強硬策をやりたがらない中で, 米国が中東での影響力を低下させ, サウジが弱体化し, だがその前に, いずれサウジアラビアなどgccと和解するだろう, 2017年3月12日, 米連銀を巻き込んでバブルを維持して金融危機再発を先延ばししつつ, なぜ自分たちが民意の十分な支持を得られなかったかを考察反省せず, 昔の過激な対北好戦策をあえて次々と引っ張り出して今にもやりそうな感じで喧伝リークしている, に沿っている, この線で基本的に不満はない, 中国も, を北に飲ませる, 3つのノー, 実験しないといった, これ以上作らない, 核を輸出しない, 核兵器を完全廃棄させるのは無理なので, ペリー案, それらが全部成功すると, オバマ時代の昨年初めに発表された, トランプの対北戦略は, 中国による政権転覆を抑止するための金正男殺害を挙行した, 軍事力誇示のミサイル試射や1月末の原子炉再稼働, 米中との交渉への準備として, 2017年2月23日, 崩壊に向かうeu, になったeuが解体に向かっている, 古いバージョンのシステム, この流れの中で, 米朝対話が始まれば6カ国協議が再開され, 朝鮮戦争の正式終戦, トランプ陣営はロシアのスパイだと無根拠に叫ぶばかりで, 米軍の敵である露アサドイランの連合体に入っている, 軍産謹製のロシア敵視の濡れ衣戦略に便乗してしまい, ロシアが不正介入したので米大統領選に負けたんだという, 米民主党は, 独特なやり方と言い回しで民意の支持拡大に努める共和党のトランプと対照的に, 2017年3月2日, 目立たないかたちで中東の非米化が進んでいる, 各所に目くらましが入りつつ, 米国が敵視してきたアサド政権が安定に不可欠という見方が国際社会で広がっている, シリアをめぐっては, 米軍傀儡のはずのイラク軍が, 在韓米軍の撤退まで進む, 初めてシリア国内のis拠点を越境空爆した, アサド政権やロシアと連絡を取り, イラクの空軍は, 米国抜きの新秩序を作る動きを進めている, 各国が, 米国が具体策を出さない不透明感の下で, 中東では, 2017年2月27日, 中国の協力で北朝鮮との交渉に入るトランプ, 軍産の妨害が予測される, さらには軍産が顔をしかめるような, 軍産が, euのシナリオでなく, バーナンキの過ちを, 連銀は, 債券システムの活気が戻ったことを前提とした債券の放出を進めて大丈夫なのか, そんな時に米連銀は, 危機が増している, 債券金融システムは活性化に向かっていない, 連銀の保有債券を放出する資産健全化が試みられている, ゼロ金利是正としての利上げ, qeの日欧への押し付け, イエレンが目立たないように修正しようとして, 2017年4月6日, そこには大きな危険がある, 台湾に接近し日豪亜同盟を指向する日本, 台湾が中国からかなり自立している現状を維持できる, 中国が今後さらに国際台頭しても, 台湾の隠然とした後ろ盾になれば, 日本が, これらの動きによって, 日豪亜の経済関係強化の中に台湾を入れようとしている, 民進党が希求する台湾独立をそっと認めるような交流協会の名称変更を行い, 台湾の防衛力を強化し, 日本は, 債券の放出をやらざるを得ない, 米連銀の健全化計画にひそむ危険性, 内戦後のシリアを策定するロシア, 2017年4月11日, ミサイルを発射して露アサド敵視の好戦策を開始したかのような演技をしたのでないか, 内部抗争で軍産が勝ってバノンがnscから外され, それをやるために, トランプの経済政策が議会で通りやすくなる, 民主党の好戦派がトランプに少し協力してれば, ミサイル発射により, 共和党内の茶会派が反対し続けても, 議会にトランプ敵視を和らげてもらう必要がある, 財政面の難題を解くには, 軍産複合体と正攻法で戦うのをやめたトランプのシリア攻撃, 2017年4月8日, 軍産の人々は戦争したがらなくなる, トランプが軍産傀儡っぽく戦争したがるほど, ロシアと戦争することになるのでダメだと言い出している, 軍人や諜報界の人々は, アサドを武力で倒すと激怒して息巻くトランプに対し, シリアをますます露イランアサドに任せるしかないという現実だった, ロシアと戦争できない以上, その結果見えてきたのは, シリアを濡れ衣ミサイル攻撃したが, 軍産の傀儡になってみせて, 2017年3月29日, プーチンやトランプが望まないことだった, 頼むから好戦策を引っ込めて, 極右や極左に選挙でeu各国の権力を奪われてeuがいったん解体, 自立と分裂の間で激しく動いていることは確かだ, euが解体と再編, それらがeu各国の選挙での政権転覆より先に行えるのかどうかあやしいが, もしかすると対露和解もやりたいかもしれない, 対米自立もさせていきたい, euを強化し, 軍事統合や2段階統合体制への転換を急ぎ, 今の混乱のどさくさに紛れて, リセットされてしまう前に, としては, 2017年3月21日, 既存エリート層, euの上層部, 2017年3月16日, 核ミサイルで米国を狙う北朝鮮をテコに政治するトランプ, この線で見るとタイムリーだ, 韓国の大統領交代も, 対露和解などにつなげるつもりだろう, トランプは交渉に持ち込み, と言ってきたら, 北と交渉してくれ, 欧州の自立と分裂, トランプ政権内で, の地域を挟み込むのは, シャリア排除, 実はisカイダの焼き直し, 穏健なスンニ派アラブ, isカイダを排除した後に, クルドとアサドの影響圏の間のユーフラテス流域の従来のisカイダ地域に, トルコが求める, このような非民主的なやり方をとらざるを得ないと考えたのだろう, テロ戦争の構図を根絶するには, 米露が内戦後のシリアのために用意している政治体制だ, ロシアの憲法草案やクルド支持から類推できる, を目指しているのが, スンニ外し, 貿易戦略のあり方をめぐって内紛が起きている, 逆に厳しい, 従来のスンニ派懐柔策を放棄し
Thumbnail images (randomly selected): * Images may be subject to copyright.GREEN status (no comments)

Verified site has: 131 subpage(s). Do you want to verify them? Verify pages:

1-5 6-10 11-15 16-20 21-25 26-30 31-35 36-40 41-45 46-50
51-55 56-60 61-65 66-70 71-75 76-80 81-85 86-90 91-95 96-100
101-105 106-110 111-115 116-120 121-125 126-130 131-131


The site also has 2 references to external domain(s).

 eastasiaforum.org  Verify  m.thehindubusinessline.com  Verify


Top 50 hastags from of all verified websites.

Supplementary Information (add-on for SEO geeks)*- See more on header.verify-www.com

Header

HTTP/1.1 200 OK
Date Sat, 23 Dec 2017 22:34:01 GMT
Server Apache
Last-Modified Wed, 20 Dec 2017 22:16:13 GMT
ETag 1ff0a-14a83-560ccee74f4ae
Accept-Ranges bytes
Content-Length 84611
Connection close
Content-Type text/html

Meta Tags

title="田中宇の国際ニュース解説"
http-equiv="Content-Type" content="text/html;CHARSET=UTF-8"
name="description" content="フリーの国際情勢解説者、田中 宇(たなか・さかい)が、独自の視点で世界のニュースを分析した解説記事集。新聞やテレビを見ても分からない、世界中のできごとの背景を説明します。"

Load Info

page size84611
load time (s)1.382432
redirect count0
speed download61204
server IP153.126.146.105
* all occurrences of the string "http://" have been changed to "htt???/"

SEO From Wikipedia, the free encyclopedia
Search engine optimization (SEO) is the process of affecting the online visibility of a website or a web page in a web search engines unpaid results—often referred to as `natural`, `organic`, or `earned` results. In general, the earlier (or higher ranked on the search results page), and more frequently a website appears in the search results list, the more visitors it will receive from the search engines users; these visitors can then be converted into customers. SEO may target different kinds of search, including image search, video search, academic search, news search, and industry-specific vertical search engines. SEO differs from local search engine optimization in that the latter is focused on optimizing a business online presence so that its web pages will be displayed by search engines when a user enters a local search for its products or services. The former instead is more focused on national or international searches. and ADS Publishers From Wikipedia, the free encyclopedia
Advertising is an audio or visual form of marketing communication that employs an openly sponsored, non-personal message to promote or sell a product, service or idea. Sponsors of advertising are often businesses wishing to promote their products or services. Advertising is differentiated from public relations in that an advertiser pays for and has control over the message. It differs from personal selling in that the message is non-personal, i.e., not directed to a particular individual. Advertising is communicated through various mass media, including traditional media such as newspapers, magazines, television, radio, outdoor advertising or direct mail; and new media such as search results, blogs, social media, websites or text messages. The actual presentation of the message in a medium is referred to as an advertisement or `ad` for short.
Commercial ads often seek to generate increased consumption of their products or services through `branding`, which associates a product name or image with certain qualities in the minds of consumers. On the other hand, ads that intend to elicit an immediate sale are known as direct-response advertising. Non-commercial entities that advertise more than consumer products or services include political parties, interest groups, religious organizations and governmental agencies. Non-profit organizations may use free modes of persuasion, such as a public service announcement. Advertising may also be used to reassure employees or shareholders that a company is viable or successful., wall of links.


If you want to put something else on this wall, write to us.