If you are not sure if the website you would like to visit is secure, you can verify it here. Enter the website address of the page and see parts of its content and the thumbnail images on this site. None (if any) dangerous scripts on the referenced page will be executed. Additionally, if the selected site contains subpages, you can verify it (review) in batches containing 5 pages.

site address: tizudesiru.exblog.jp redirected to: tizudesiru.exblog.jp

site title: 地図を楽しむ・古代史の謎

Our opinion (on Saturday 04 April 2020 6:53:40 CEST):

GREEN status (no comments) - no comments
After content analysis of this website we propose the following hashtags:


Proceed to the page?Powered by: Very Tiny URL Shortener at http://vturl.net VeryTinyURL
page from cache
Meta tags:
author=;
keywords=地図を楽しむ・古代史の謎,ブログ;
description=地図に引く祭祀線で分かる隠れた歴史;

Headings (most frequently used words):

地図を楽しむ, 羽衣伝承, 庚寅銘大刀と高松塚古墳に南朝茅山道教系の屍解仙思想が共通, 聖武天皇の孤独, 令和元年後期万葉集も読む, 大石麻呂の建立したという龍光山恵華寺があった大石地区, 筑紫国造磐井の孫, 絹衣を身に付けた高貴な姫たちの出身地は筑紫, 丹後半島に逃げた二人の天皇, 歴史カフェ阿蘇, 大伴旅人に近づいた, 藤原氏から密命を受けていた山上憶良は, 万葉集と古代史, 聖武天皇を孤独から救ったのは大仏建立だった, 野方遺跡は卑弥呼の時代に重なる遺跡, 三国志の時代, 壬申の乱を勝利に導いた高市皇子の悲劇, 馬鈴を表現した馬形埴輪を持つ古墳の被葬者は王か臣下か, 136, 最新のコメント, ブログジャンル, ファン, 外部リンク, その他のジャンル, メモ帳, 検索, 以前の記事, 古墳時代, フォロー中のブログ, 画像一覧, カテゴリ, タグ, 最新の記事, 記事ランキング, 鋳銅馬鈴の文化は何処から広がったのか, 体の人骨が出土, 卑弥呼の時代まで六百年間継続し, 古代史の謎, 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われる, nhkは突き進む, 古代史に密かな激震, 女王国で重視した鏡や武器の形, の女王国は九州にあったのではないか, 倭人伝, 魏志, 魏の使者が常にとどまった伊都国と女王国との距離の問題, すべて渡来系の人たちだった, あらたしき年の初めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事, 万葉集の最終歌, 秋風の, 大伴家持が詠んだ万葉集の最終歌の一つ前の歌, 古今集からみえることは何ですか, 令和二年, 甕棺に葬られた倭人は, 今も謎のまま淡路の伊弉諾神宮の祭祀線, 金隈弥生遺跡は, 卑弥呼が貰った鏡を変えて畿内説を示唆する方向に, 邪馬台国九州説の否定なのか, とは, 甕棺の人骨は渡来人説, 三国志展, 九州国博, 神となった関羽の像に会える, 広形銅戈はどこへ消えたか, 魏武王, 弥生後期の政変, 東日本の皆様へお見舞い申し上げます, 三角縁神獣鏡が時代を席巻した理由は何か, 三段式神仙鏡とは何だ, 三国志展に選ばれた鏡, 漢王朝の文化を発展させた, 曹操は寒冷期を乗り越え, ファン申請,

Text of the page (most frequently used words):
#2019 (48), tizudesiru (38), しかし (35), like (30), trackback (29), みんなの (29), #歴史ランキング (29), #をまとめ読み (29), 日本史ランキング (29), そして (23), それは (23), 卑弥呼 (17), 三国志 (15), ですから (15), そこで (12), #2019年 (12), 2018年 (12), #2017年 (12), 聖武天皇 (9), #2012年 (9), 令和元年 (9), #尊敬します (8), ここで (8), 縄文から弥生へ (7), それも (7), 373歴史は誰のものか (7), 371三国志の時代に卑弥呼は生きていた (7), 2016年 (7), 10月 (7), 11月 (7), つまり (7), 三国志展 (7), もちろん (7), 万葉集 (7), 01月 (6), 02月 (6), 05月 (6), 07月 (6), それにしても (6), それから (6), 09月 (6), それが (6), だから (6), 12月 (5), でした (5), 大伴家持 (5), のです (5), すると (5), 04月 (5), 邪馬台国 (5), 呉の鏡 (5), やはり (5), 確かに (5), 曹操高陵 (5), 2013年 (5), 2015年 (4), 08月 (4), 大江山 (4), 06月 (4), これは (4), 03月 (4), 梅花の宴 (4), 魏武王 (4), 366金象嵌の庚寅銘大刀は国産ではない (4), 祭祀線 (4), 敵国降伏 (4), 聖武天皇の孤独 (4), 庚寅銘大刀 (4), さらに (4), 北部九州で弥生文化は花開いた (4), #後期万葉集も読む (4), 369 (4), 370筑紫国造磐井の乱後の筑紫 (4), #三角縁神獣鏡 (4), 羽衣伝承 (4), 374令和元年こそ万葉集を読み解こう (4), 368 (4), そうして (4), それでも (4), 平田庵 (3), となります (3), 橘奈良麿の変 (3), ごめんなさい (3), それなのに (3), 宜しくお願いします (3), 757 (3), まさか (3), 181藤原不比等とは何者か (3), となっています (3), そこには (3), というのです (3), 合掌土偶 (3), そもそも (3), だって (3), 天武天皇 (3), 倭人伝 (3), 令和二年 (3), 高松塚古墳 (3), 元岡古墳群 (3), 大伴旅人 (3), 磐井の乱 (3), 伊弉諾神宮 (3), そうひ (3), またお会いします (3), それは何故か (3), 丹後半島 (3), 倭女王 (3), 三国志の時代展 (3), に逃げました (3), 相か別れむ (3), 2011年 (3), この時 (3), すべて (3), 万葉集を読む (3), それで (3), 津屋崎古墳群 (3), 2019年 (2), 364 (2), おまけに (2), に深い絶望を感じたのですが (2), 湖北省出土 (2), 那智大社 (2), 大原今城真人 (2), 出雲大社 (2), 出土は有りません (2), 沖ノ島 (2), 筑前守 (2), ですね (2), だんわら遺跡 (2), でしょうか (2), 方格規矩鳥文鏡 (2), が表現されています (2), 大仏建立 (2), 丹後物狂い (2), たぶん (2), 倭女王は (2), 東京国博と九州国博で開催の (2), 曹操を尊敬していたのなら (2), 卑弥呼はどこにいたのか (2), 一行目に (2), 景初二年 (2), こんなことするのは (2), それまで (2), こんなことするのは九州ですよ (2), ぶきゅうけんきこうひ (2), 毋丘倹紀功碑 (2), 万葉集の最終歌 (2), 初期万葉集 (2), に高句麗が背いた (2), 正始三年 (2), ふなどおう (2), 弥生時代 (2), 壬申の乱後 (2), 野方遺跡 (2), があります (2), それをどのように取り入れ表現したのか (2), 馬形埴輪 (2), を選んで遣使したのか (2), 何故か (2), 魏の鏡 (2), とありますから (2), 行碑将軍領玄菟太守王頎 (2), こうひしょうぐんりょうげんとたいしゅおうき (2), 首皇子 (2), 秋風の (2), 正始五年から六年 (2), 古代山城 (2), 古墳時代 (2), 三段式神仙鏡 (2), 今日は (2), 天橋立 (2), 次のように書かれています (2), ここでは (2), 学者さんたちは (2), 高市皇子 (2), 日本には (2), 地図を楽しむ (2), 稲荷山古墳 (2), 古代史の謎 (2), 三国志の時代 (2), 金隈弥生遺跡は (2), 甕棺の人骨は渡来人説 (2), ただし (2), 図録より (2), 女王国で重視した鏡や武器の形 (2), 2020 (2), 古代史に密かな激震 (2), 甕棺に葬られた倭人は (2), 三国志展に選ばれた鏡 (2), にして (2), 弥生後期の政変 (2), 神となった関羽の像に会える (2), そうです (2), 長屋王の変 (2), お会いします (2), むながい (2), 平城天皇 (2), 古今集 (2), 藤原氏としては (2), くつわ (2), 魏志倭人伝 (2), 372古代史の謎は祭祀線で解ける (2), 倭国伝 (2), 沙弥満誓 (2), そうなると (2), 220年 (2), 曹操の子 (2), 古事記 (2), 文武天皇 (2), となったのでした (2), 藤原広嗣 (2), 雄略天皇 (2), 更に言えば (2), nhk (2), とあります (2), しかも (2), 画像一覧 (2), 卑弥呼の時代の人の思考はどのような形で残されたのか (2), 壬申の乱を勝利に導いた高市皇子の悲劇 (2), 243 (2), 正知ビル (2), 日の出 (2), この鏡は (2), ということです (2), いやしけ吉事 (2), 4516 (2), 歴史カフェ阿蘇 (2), 間人皇后 (2), 比治の眞名井 (2), 阿蘇海 (2), 広形銅戈 (2), なのです (2), そうは言っても (2), 筑紫国造磐井の孫 (2), 家持は (2), 英雄たちの選択 (2), 光ビル (2), いえいえ (2), そんな馬鹿な (2), どうなったのでしょう (2), 以って, 三段式神仙鏡とは何だ, 卑弥呼の死は尋常な死ではなかった, 半島に助けを求めて1000人も移住したと, かわって男王を立てたが, 彼女は死を賜ったのだと, 書きました, を示しました, 卑弥呼の国は, わかることもあるのですね, に展示されている三段式神仙鏡, 曹操は寒冷期を乗り越え, 曹操の墓であることが判明確定したのでした, この後, どうなったのでしょうね, 三国志展の金石文は, 魏武王は曹操を指しますから, 王頎が軍人だったこと, あまり知られていない鏡です, 仍留宅於日之少宮, 漢王朝の文化を発展させた, なんとなくなじみがありませんよね, 前橋天神山古墳から出土した鏡, 記紀に表現された神話が一般化し, 上の画像の右の鏡, このラインが祭祀線として引かれたものであるなら, 現在の前橋天神山古墳は, 気の毒な状況です, なぜこの鏡が展示されたのか, 実は意味深なのです, 十世紀ではありませんか, 張政らは慌ててやり直し, 遷宮されて社が移動しているのです, それらが整うのは九世紀, 殺しあいをして, 重要だったのです, 国中それに従わず, 以前引いたラインなので空地にラインが集まっているようですが, 九州国立博物館で始まった, 右下は伊勢神宮, 弥生文化, 王頎の判断は間違っていたのです, を選んだのでした, これを見ずに死んでしまった人に申し訳ない気持ちです, であり, 王頎だとなります, 那智の大滝, そこが記録にある, 王頎は軍事的な指導者でありましたから, 既にご存知でしょう, 卑弥呼に対しても, 中国の河南省安陽市で発掘された墓に西高穴二号墳と命名されました, 以上は, すごい発見でした, と同じ場所であったこと, からの抜粋ですから, みなさん, 個人的な訳文ではありません, この祭祀線は延喜式で国が奉幣する式内社が決められた10世紀以降のものだということです, 三国志時代の曹操の墓だなんて, 卑弥呼以って死す, に書かれていました, の解釈で全く違う意味になることは, 新羅本紀, 帯方郡, 倭国に張政を遣わしたのは, と記した石牌, の意味は諸説あり, 彼女は女王として役目を果たしたということになり, 殉葬した男女の奴隷は百余人であった, 倭人伝は終わります, があったことなど, 大規模に直径百余歩の塚を作っていた, 倭国としては無念だったと思います, せきはい, 男王を受け入れなかったと, 王家の祖先は高千穂に天下り神武天皇が紀伊国からヤマトに入ったという神話と, 使者の張政らが到着した時は, 卑弥呼は死を賜った, と思うのです, 軍事的な判断をしたでしょう, 老女の指導者はいらないということです, 卑弥呼はもう死んでいて, 三国志展に戻ります, 副葬品に, 帯方郡太守, 王頎の名を刻んだ金石文が出て来た事は卑弥呼の遣使を裏付けることになるのです, 倭国は男王では納得しなかった, 別の言い方をすれば, 群馬県前橋市, 故其伊邪那岐大御神者淡路之多賀也, 夫婦大楠と淡路祖霊社が並んでいます, と記される神跡で伊弉諾大神が御神功を果たされ, 九州との関係が臭いますね, 祭祀が始まったのは古く, 時代が変わり為政者が変わると入れ替えられていくので何とも言えません, 對馬国, 御祭神は, 伊勢神宮と海神神社からです, 伊勢本に, 祭祀線を再度確かめてみましょう, は洛陽に出づ, という銘文もあり, 南への角度二十八度三十分にあたる冬至の日の出は熊野那智大社, 技術的なつながりも深い, 三角縁神獣鏡は基本的には日本でしか出土せず, 伊弉諾尊功既畢霊運當遷是以構幽宮於淡路之洲寂然長陰者, いしぶみを見ると, 棒と糸で見える範囲を使ったでしょう, 中国では魏の年号を記した鏡は呉の領域でしか見つかっていないなど謎が多い, 九州の古神社と同じようにクスが御神体だったかも知れません, 邪馬台国の卑弥呼が239年に明帝からもらった鏡は三角縁神獣鏡が有力視されている, お邪魔します, 楠が祀られているのです, に移されたので三段式神仙鏡も魏や晋でもつくられたのだろうが, に沈む, 伊勢はかなり大変です, 伊勢神宮以外の諏訪大社, 冬至の日の出の方向の那智大社は紀伊山地を越えて無理して引けないことはないかもしれません, 九州と對馬はどうでしょう, これが事実なのか知りたいので, いしぶみには, 祭祀線は10世紀でも, 神社はもっと古いのです, 古代に祭祀線を引くとしたら, 一番多いのは魏の年号を記した鏡だ, 北緯三十四度二十七分二十三秒の緯度上にある, ご本殿の右奥に楠の樹が見えます, もとは蜀の地で生まれた信仰だ, 淡路の多賀に幽宮を構築して余生を過ごされた故地であり, この神社は楠を祀っていますから, 九州の福岡市です, 五斗米道の思想を体現した三段式神仙鏡が出土している, 楠が自然にはえる北限は, 蜀の鏡は不明である, 神社の始まりのころは, 日本書紀に, 出合った人はみんな親切で美しい人ばかりでした, その三段式神仙鏡によく似た鏡があるのです, 卑弥呼の鏡だと全国の人が信じているからです, 階段を登れば墳丘の上に立てます, 因みに, 出土した鏡は, 神話と神道は拡散されたのです, 群馬県立博物館に展示されています, 戦乱の時代に地方に逃れたりして, 平安時代の貴族たちは日本書紀を必死に学んで地方へ国司として配属されて住み着いたり, の神格を表現してゐる, 御父神の入り日, 伊弉諾神宮の神域は, 国家の幣を受けるべき神社は何度も確かめられ認定され続けました, 御子神である天照皇大御神の差昇る朝日の神格と対比する日之少宮として, 記紀神話を浸透させる為にも神社の格付は重要でした, また日本書紀, 伊弉諾尊の太陽神としての神格を稱へ, 私が思うことは, 後円部が残されたことを喜びましょう, じょうずに記紀神話を具体的に表現したことになるのです, 更に大国主の国譲り神話が成立していることが前提となります, の記述があり, しっかり記述されているのは三角縁神獣鏡です, 蚊帳の外に置かれていた庶民も祖先の神を捨てて伊弉諾や天照大神にすがったので, なんとなく落ち着きます, その多難の歴史が美しく花開いていると思いました, 蜀の錦, などの言葉があるが, 三国ゆかりの物が日本にもたらされることがあったのだろうか, 祭祀線の引き方が新しいのです, 畿内の為政者によって大いに搾取され利用され翻弄された土地です, 日本で出土する鏡をもとにみていこう, の図録には, 淡路は本当に面白いところです, 九州と東国は結び付くまい, そんな神社に参拝すると, 前橋天神山古墳の説明文でもわかる通り, 考えての画策です, 誰にも邪魔されなかった社とご祭神が残されているのです, 卑弥呼を機内に持ってくるためです, そんな中で, そのためには, 東国の後押しが必要なのです, 答えに迷いはありません, 各地の神社のご祭神が大混乱したのかもしれません, 今まで蚊帳の外に置かれていた, が急に脚光を浴びることとなったのです, 当時千余人が死んだ, 率善中郎掖邪狗ら二十人を遣わして, そこでまた, 征服地の三か所にその業績を記した碑を建てたと伝えるが, 244, 245, 曹操はその曹崇の子で, にかけて魏の将軍の毋丘倹, 姓が毋丘, 春分秋分は伊勢の神宮から昇り海神神社, 名が倹, が高句麗に侵攻し, は大臣となっています, 高句麗の首都を攻め落とすという大勝利をおさめ, その一つである, を受け継ぎ発展させました, この神域の同緯度上に鎮座し, と書かれているのです, そうすう, 太陽と星の高度が図れるようになって, 初めて実現するでしょう, 242, 養子の曹崇, とある, 皇大神宮, は宦官となり後漢王朝に信頼され, エリート官僚でした, 倭女王卑弥呼と魏の外交を仲介した, そうとう, 支配者のたしなみだったのです, 三国の戦いで有利になったのでした, 食料増産が進み, 影山輝國, 王頎の名は, 漢王朝の文化, に出ています, 曹操は, 太守王頎, 官に至る, 書をよくするのは, 書を読み, 諏訪大社, 太守に着任した, 高千穂神社, 二行目に魏による高句麗攻撃のさまを記し, 四行目以下に功績をあげた将軍の名を列挙している, 六行目には, 日歿は出雲大社日御碕神社への線上となる, 詩歌を詠み, と推定される, 王頎はこのあと帯方郡太守となり, それを仕事とする集団ができて, 公孫氏滅亡の史実を伝える資料だそうです, 竹田晃, として即位したのでしたね, 景初三年, 倭人伝には, 卑弥呼も, 曹操や, のことは聞いていたでしょう, 呉の三国の中で, 魏が一番人口も多く豊かだったのです, 221年, 魏の成立を知った劉備も, 我こそ前漢皇帝の末裔, の事で, 155, 220, が没しました, 子の曹丕, 後漢の献帝から帝位を譲り受け, が成立しました, 220年の事です, 写真は曹操の人形ですが, 陰陽師が計算するようになって, 曹操は本当に英雄でしたね, 倭人伝の間違いとなっているようです, と書かれていますが, 図録には, を宗主国としたかったし, 曹操の祖父の曹騰, 上の写真は三国志展の図録にある, 曹氏一族は官僚として長く仕えました, とされ, そうしん, 卑弥呼は後漢の後を継いだ, に朝貢したのですが, 公孫氏の滅亡と無関係ではないでしょう, 寒冷期を乗り越えた, 漢王朝創立の功臣である曹参, 半島関係や国内事情もあったはずです, 倭は公孫氏の帯方郡に属していました, 全国神社の本宗と仰ぐ伊勢の神宮, 卑弥呼が魏に遣使したのは239年だそうで, 親魏倭王, の印綬を受けています, 239年なのか, 遼東の公孫氏が魏の司馬懿, しばい, いしぶみの説明文, の軍に攻められ滅びたからです, 天岩戸神社, となるのである, 藤原宮は引けるでしょうが, 曹操が支配した黄河流域は黄河文明の発祥の地で, 卑弥呼の一族の娘で台与という十三歳の少女を立てて王とすると, 245, お互いに攻めあっている様子をのべさせた, 當神宮の創始は神代に遡り, 帯方郡では, 国境守備の属官の張政らをつかわし, 三国志展の図録にも, 彼に託して詔書と黄色い垂れ旗を持って行かせて, 春秋仲日の日の出と日歿の地に神縁の深い神々が鎮座してゐることを次の通りに確認することができた, 難升米に与え, おふれを書いて卑弥呼を諭した, 正始六年, 詔を発して倭の難升米に, 倭の載斯, 太平道の結社が起こした反乱でした, 黄色い垂れ旗を, 帯方郡の太守の手を通して与えた, 正始四年, 倭王はまた, 大夫伊声耆, 黄巾の乱, などの宗教に傾きました, が営都されてゐるのである, 掖邪狗ら八人を使いとして, 烏越らを帯方郡に遣わし, 延喜式の名神大社です, 専門家の協力を得て當地から太陽軌道にあたる極地にあたる方位を計測すると夏至, 国がようやく治まった, 張政らはおふれを出して台与を諭し, 伊弉諾尊の宮居跡に営まれた神陵を期限とする最古の神社である, 台与は倭の大夫, その祖先は, 張政らを送って行かせた, 倭の使いはそのついでに魏の都まで行って, 男女の奴隷三十人を献上し, 邪馬台国の卑弥呼の国民も飢えました, 曹操の時代は地球的には寒冷期でした, 狗奴国の男王卑弥弓呼と以前から仲が悪かったので, 白珠五千, 伊弉諾神宮など一宮で, 青い大勾玉二個, めずらしい模様の雑錦二十匹を, 貢ぎ物として差し出した, 正始八年, 247, 次のようなグラフが掲載されていました, 帯方郡の太守, 王頎が着任した, 倭の女王卑弥呼は, 五斗米道, 倭の錦, 人口も多く人材にも恵まれました, その他を渡した, 3世紀には1000万人ほどに激減しています, 毛織物, 人口は2世紀の6000万人近くから, 海神神社が国守りの神社として奉幣を受けるようになっていなければなりません, 寒冷期に入り, 残党の一部は曹操の軍団に組み込まれました, 鏡の価値の違いです, 倭王は使いに託して上表文を奉り, 倭王に任命した, お礼を言って詔に答えた, 訳文は次の通りです, 高千穂神宮, 乱が平定された後, 講談社学術文庫, 藤堂明保, 土地を人民に与えて開墾させました, 曹操は屯田制をはじめ, 農業も危機的状況となりました, 寒冷期に入ると戦乱が頻発し, 詔と一緒に, 延喜式で神社の格式や仕組みや神官の地位などが整えられていく中でできてきたとしか思えません, 太平道, 正始元年, 赤青の絹, 綿入れ, 人々は苦しみから, 木の小太鼓, 短い弓と矢を献上した, 掖邪狗らは八人とも, 飛鳥宮藤原京, 緯度線より北への角地二十九度三十分にあたる夏至の日の出は信州の諏訪湖, 卒善中郎将の印綬をもらった, 240, 作地面積が減少し, 帯方郡の太守弓遵, きゅうじゅん, 建中校尉, ていしゅん, 日歿は天孫降臨伝承の高千穂嶺, らを遣わして, 詔と印綬を倭国へ持って行かせ, 戦争へと時代が流れたのです, 何も関係ない神社は選ばれません, 人口減少, 更にその両宮を結んだ中間点に最古の都, 人々は何を考えたか, ぎょう, 特別な太刀, そう考えざるを得ませんね, この平原王墓について年代を卑弥呼の死亡年よりあげたり下げたり, 学者は苦心惨憺していますが, 普通に言えば, この人が, 以って死す, の卑弥呼ではありませんか, ではありませんか, まさに, 卑弥呼が下賜された五尺刀, る副葬品です, その胸に置かれた素環頭太刀にはどんな意味があるのか, 自明でありましょう, 大事な鏡より一段意味のあ, 邪馬台国はほろんだでしょう, 副葬された鏡の量からして, この女性が当時のトップ首長であることは間違いありません, 平原王墓では, 内行花文鏡など鏡は割られて副葬されていました, 日本で一番大きな鏡が割られていたのです, 鏡が祭祀道具であれば, その呪力を奪ったことになります, この女性の胸のあたりに置かれていたのが, 素環頭太刀です, 福岡県糸島市の平原王墓, 女性王, には素環頭太刀が副葬されていました, 鉄素材の素環頭太刀は, 九州の弥生の組み合わせ式石棺の中から出土します, 今のところ, 呪力を失って, 銅戈を祭祀道具とした人々の移動について考えました, 何を経済基盤としたか考えねばなりませんね, 開催意図, 卑弥呼が貰った鏡を変えて畿内説を示唆する方向に, またお会いしましょう, 糸島富士と呼ばれる可也山は, 半島の可也にちなむ地名です, ここに半島の人が多く訪れたのです, この山は, いろいろ見てきたでしょうね, 今考えているのは, 曹操の国を頼った卑弥呼には, どんな政治的状況があったか, 邪馬台国が滅亡して人々はどうなったのか, 圧倒的な武力を持っていた首長でしょうか, 武力は経済力で支えられますから, 大型古墳は首長のあこがれとなって全国に広がるのですから, 卑弥呼は敗れたのです, あこがれの首長が存在していて, 彼にあやかりたいと思ったということですよね, 墳丘も作らせず木も植えさせませんでした, そういう意味では, どでかい前方後円墳には違和感がありますね, そう言われると, そうかもしれません, 曹操高陵は地下にあり, 魏を主国としていたのなら, 創始者たる曹操の墓より大きな墓を自分のために作ったりしませんよね, 何人もの知り合いが笑って言ってました, 卑弥呼が, 人々は混乱し移住せざるを得なかった, 武器として工具として鉄は活躍しました, 銅剣を祭祀道具とした人々は, というのが事実です, 前段階の, 明らかに, 広形銅矛は生産が減少したためか, 出土が減少しています, 原料が増えてはいないし, 生産につながって, そうではない, 先にあげた, の出土図で明らかです, 鋳つぶされた説は当然です, 同じ北部九州の銅矛になったのでしょうか, 広形銅戈の鋳型はあるのですから, おかしいです, 次の段階の, ほとんど出土がありません, 中広形銅戈, そこは北部九州ではないどこか, は北部九州で大量に出土してます, パネルには, 中広形銅戈は, 分布域が北部九州にほぼ限定され, この点銅矛とは異なる, 広形銅戈は出土数がきわめて少ないことから, 鋳つぶされて広形銅矛の原料になったとする説もある, と説明されています, 広形銅戈の鋳型はあります, 春日地域で生産していたのです, 製品はありません, 糸島などに完品が若干残っていますが, 生産していたし, 流通もしていたのです, いません, 鋳つぶされたのですが, 古墳時代に北部九州でも大きな政変がありました, 移動せざるを得なかったのです, 不思議なことに出雲も連動していますね, 神話と伝承によれば, 出雲はその後も侵略を受けます, 出雲も政変の影響を受けたことになります, もう一つ言えること, 北部九州の文化の一つ, 銅矛祭祀, 中国地方ではなく四国地方に伝播していたということです, 弥生時代の北部九州文化は四国に進出した, 中国地方では出雲地域に進出していたということです, 四国地方には行けません, 知り合いがいないのですから, 銅矛祭祀の人たちが移動していますから, 何か大きな変化が起こったので, そう考えます, 広形銅戈はどこかに持ち込まれ, 北部九州にしか勢力を伸ばしていなかった銅戈祭祀の人々は, 金品の代わりに銅戈を抱えて移動した, 北部九州に急激な変化が起きた時, メッセージを入力してください, 移住でしょう, 需要と供給が一致したのが, 丹後半島と大阪湾岸だったのではないでしょうか, ヒントは, ガラス工房, 春日市須玖五反田遺跡は弥生のガラス工房跡です, ガラス工房は, 丹後半島と大阪に伝播したのではないでしょうか, ガラス製品は生活必需品ではありませんから, 経済的な有力者しか必要としません, 文化庁もその方向です, 考古学者は畿内説になっている, どうほこ, 畿内説に持って行くための市民の意識改革の一環です, 全く別のステージにいざなわれているからです, 税金を使うのなら, どんなに恥ずかしい歴史でも真実を知らせてほしいです, あれほど三角縁神獣鏡が大量に出土したと騒いだ黒塚古墳の時代は終わらされました, 下の写真は黒塚古墳, ここも三世紀と言われたのでしたね, ホケノ山古墳も一貴山銚子塚古墳も, このブログで何度も取り上げました, 下の写真のようにホケノ山古墳の墳丘から箸墓が見えます, なんとしても, ここを三世紀半ばにしなければなりません, 残るのは古墳の時期の確定です, 今度の三国志展も, 全体を見回すとそうなります, わたしには考古学がすっかり色あせて感じられます, わたし達市民は何時も振り回されます, 発掘するお金もないし, 資料を調べる時間もありません, 直感はあります, なんだか変だと思う, 変なのです, そこで手を打ったという, 前代未聞の展開です, 九州の弥生遺跡からどんなに大量の鉄や銅の武器, 工具が出ようとも, それは渡来人の持ち込みだとなりましたね, 紀元前4世紀には渡来人が来て, 九州の平地を席巻したとなりつつあります, 九州の平地の全てに渡来人居住地というくくりになり, 本当の事が分からないまま, 絶望と混沌の中で死んでいった人の事を忘れてはなりません, となっているのです, と称賛されました, 劉備とはぐれた関羽は, 劉備の二人の夫人を守るためにやむなく曹操に投降したのでした, 関羽は張飛とともに早くから劉備に仕えました, 同年同月同日に生まれること, を願うのではなく, 同年同月同日に死ぬこと, を誓い, 張飛は, 兄弟のような恩愛, で結ばれていました, 219年, 関羽は非業の最期を遂げましたが, 敵将の曹操からも, 義の人, その関羽の像は, そこを掘り続けてほしいです, スリムです, 顔の半分が顎髭という一般化された関羽像と違って, どこか若くりりしく見えます, 三国志の中では, 人気ナンバーワンですかね, 諸葛孔明が好きな人も多いようですが, 10月から九州国博で, が始まりました, 会場に入ると関羽像に出会います, 九州国博, 文化庁は誰のために何を目指していくのでしょう, 個人や特定地域の為ではなく, 広く市民のための, 現在の日本に至るまでの歴史を, 縄文系の人は山地に住みその骨は消えていった, 文字を書くために木を削る道具の刀子も形は素環頭と似ています, と言っているのは素人で, ついに, 大きな神獣鏡です, 環状乳画文帯神獣鏡です, 三角縁神獣鏡が危なくなってきた時, 現れた鏡です, 東京と九州の国立博物館で開催されている, 他でもありません, への切り替えです, 画文帯神獣鏡, 九州説潰しに, 関東からの縄文文化の伝播でせめ, 巨大古墳の世界遺産化でせめ, 文献は嘘が多いとして読みを変え文字を変えを承認し, 九州などの地方の発掘費用を文化庁が遮断し, 特定地方の古墳群を観光地化して市民の意識を操作し, 邪馬台国畿内説の重要な証拠であった三角縁神獣鏡の否定, 代わりに画文帯神獣鏡を出してきました, に取り掛かりました, 私が知りたいのは事実と真実です, 本当に, 邪馬台国畿内説でいいのか, 未だに納得がいきません, これまでに計画的に行われてきた蛮行を, 科学的とか, 最新の知見とか, 表現していますが, その意図がはっきり表れているのが, 今回の三国志展です, 邪馬台国九州説の撲滅でしょう, 邪馬台国が九州に在った, 前漢鏡でも後漢鏡でもありません, さも公平な態度で, この時代は素環頭だった, 引き上げられる, 素環頭大刀は九州の組み合わせ式石棺の中から出土します, 糸島の初期古墳である一貴山銚子塚古墳からも出土します, 三国志の時代の刀は素環頭で, 戦いの道具でもあります, 大刀の柄の先端に丸い環が付いています, ここに紐や布を通して手首に巻きつけ, 戦いのとき手から離れないようにするのです, 相手に叩き落されたらおしまいですから, 落さないための紐通しの環なのです, 素環頭大刀, もうすぐホケノ山古墳の年代は, 三世紀後半, 四世紀前半から, と言ってました, 三角縁神獣鏡を否定しています, 三世紀半ばになれば, 卑弥呼の墓と言われる箸墓より古くなります, それが狙いなのです, ホケノ山古墳が箸墓より早く作られた古墳とされているので, 四世紀ではまずいのです, なんとか三世紀の248年に没した卑弥呼より, 先に葬られた人の墓だとしたかったでしょう, 既に準備されています, もちろんマスコミを使って, 世紀半ばに, 奈良のホケノ山古墳, 箸墓の近く, から出土した画文帯神獣鏡に結びつけるはずです, 国博の三国志展では, 鋳型のある福岡平野での広形銅戈の出土例がほとんどない, だけではなく, 曹操による漢中平定ののち五斗米道の信者は漢中や鄴, 台座は緑釉陶, 枝には銅銭のほか, 不老不死をつかさどる西王母, 鹿に乗る人物などを配する, ある銅銭は, 五利后, という銘文をもつ, 揺銭樹は後漢時代の墓で140個以上出土しているが, 大部分が蜀の地に集中する, 死後に仙人になれるように, 財に恵まれるようにといった願いや, 当地の人びとが信仰した神仙の世界を反映したものと考えられる, 揺銭樹, ようせんじゅ, 焼き物です, 緑釉陶の台座に挿し込まれている, これって何でしょう, 笠松形文様に確かに似てはいます, 三国志展の図録の説明には次のように書かれています, クリスマスツリーのような不思議な木, 奥野正男氏は, 笠松形文様, と言われましたが, 何でしょうか, この文様は三角縁神獣鏡に限られた文様だそうです, それからして, 中国鏡ではないと奥野氏は主張されました, この文様は, 黒塚古墳出土の鏡の半数近くに刻まれています, これはいったい何でしょう, 円柱上の枝が四方に伸びる, 大小400個もの円銭を飾った青銅製の樹木が, ありがたい意味のある文様です, 劉備は国名を, 揺銭樹という副葬品でしたね, 三国のうちの蜀で, 死者のために作られたものでした, それが三角縁神獣鏡の文様に取り入れられたとすると, 西王母といい, 神獣といい, 揺銭樹といい, 死者のための文様です, 劉啓の子, 中山靖王, の流れと伝えられています, が漢王朝を滅ぼして魏の皇帝となると, 漢王朝の正当な後継者は自分であると主張して劉備は皇帝に即位しました, 蜀の地にほぼ限られる, と自称しましたが, 歴史的な地名である, を採用したのです, 劉備は, 前漢皇帝, 蜀は劉備が建国した国, 邴原伝, へいげんでん, に引く, 邴原別伝, ある樹の枝に民衆が銅銭をどんどんかけて祀った記事がある, 揺銭樹の副葬は, 銭の樹への信仰はほかの地域にも存在したようである, 当時の人々には, 今回の, 大いに納得です, 九州との関係があったからです, 三角縁神獣鏡が時代を席巻した理由は何か, 舌足らずですが, この辺で, 私は思っています, 渡来人でかたずけてはならない, それを, は訴えているではありませんか, 東国では, 渡来系の人の移入, でかたずけていますが, それだけではない, 人が大量に動く何かがあったから, 東国に仏教文化が早く入ったのも, 鏡や鈴の文化が浸透したのも, 6世紀初めの政変で東国に画期が訪れた, 今日まで大量に出土した三角縁神獣鏡はどういう位置づけになるのだろう, 人の移動です, そうとは言えません, どのようにして三段式神仙鏡を手に入れたのか, それは畿内との交流があったからという展開になるのでしょうか, 前橋天神山古墳の上に立ってあたりを見回しました, この古墳の被葬者は, かってここを治め, この地を眺めた人なのでしょうね, 呉では神獣鏡など銅鏡の生産が盛んであったが, 呉に由来する鏡は日本では少ない, 日本が呉の地域の影響を強く受けるのは, 倭の五王が南朝に遣使する五世紀以降である, 疑問が生じます, その思想の根源を考えなければなりません, に意味を考えるヒントはないかと探してみました, 大きな三角縁神獣鏡が棺外で, なかなか見つかりません, あえて挙げるなら, これです, これらの鏡の中で, 一つ意味のわからない不思議な文様があります, 神獣や東王父
Thumbnail images (randomly selected): * Images may be subject to copyright.GREEN status (no comments)
  • 日本史ランキング
  • 歴史ランキング
  • 万葉集の最終歌・あらたしき年の初めの初春の今日降る...
  • 魏の使者が常にとどまった伊都国と女王国との距離の問...
  • 魏の使者が常にとどまった伊都国と女王国との距離の問...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 三国志時代の王侯貴族の造墓は倭国に伝わったと思われ...
  • 女王国で重視した鏡や武器の形_a0237545_2...
  • 女王国で重視した鏡や武器の形_a0237545_2...
  • 女王国で重視した鏡や武器の形_a0237545_2...
  • 女王国で重視した鏡や武器の形_a0237545_2...
  • 女王国で重視した鏡や武器の形_a0237545_2...
  • 女王国で重視した鏡や武器の形_a0237545_2...
  • 女王国で重視した鏡や武器の形_a0237545_2...
  • 女王国で重視した鏡や武器の形_a0237545_2...
  • 古代史に密かな激震・NHKは突き進む_a02375...
  • 古代史に密かな激震・NHKは突き進む_a02375...
  • 古代史に密かな激震・NHKは突き進む_a02375...
  • 古代史に密かな激震・NHKは突き進む_a02375...
  • 古代史に密かな激震・NHKは突き進む_a02375...
  • 古代史に密かな激震・NHKは突き進む_a02375...
  • 古代史に密かな激震・NHKは突き進む_a02375...
  • 甕棺に葬られた倭人は、すべて渡来系の人たちだった_...
  • 甕棺に葬られた倭人は、すべて渡来系の人たちだった_...
  • 甕棺に葬られた倭人は、すべて渡来系の人たちだった_...
  • 今も謎のまま淡路の伊弉諾神宮の祭祀線_a02375...
  • 今も謎のまま淡路の伊弉諾神宮の祭祀線_a02375...
  • 今も謎のまま淡路の伊弉諾神宮の祭祀線_a02375...
  • 今も謎のまま淡路の伊弉諾神宮の祭祀線_a02375...
  • 今も謎のまま淡路の伊弉諾神宮の祭祀線_a02375...
  • 今も謎のまま淡路の伊弉諾神宮の祭祀線_a02375...
  • 今も謎のまま淡路の伊弉諾神宮の祭祀線_a02375...
  • 今も謎のまま淡路の伊弉諾神宮の祭祀線_a02375...
  • 今も謎のまま淡路の伊弉諾神宮の祭祀線_a02375...
  • 今も謎のまま淡路の伊弉諾神宮の祭祀線_a02375...
  • 魏武王・曹操は寒冷期を乗り越え、漢王朝の文化を発展...
  • 魏武王・曹操は寒冷期を乗り越え、漢王朝の文化を発展...
  • 魏武王・曹操は寒冷期を乗り越え、漢王朝の文化を発展...
  • 魏武王・曹操は寒冷期を乗り越え、漢王朝の文化を発展...
  • 魏武王・曹操は寒冷期を乗り越え、漢王朝の文化を発展...
  • 三国志展に選ばれた鏡・三段式神仙鏡とは何だ?_a0...
  • 三国志展に選ばれた鏡・三段式神仙鏡とは何だ?_a0...
  • 三国志展に選ばれた鏡・三段式神仙鏡とは何だ?_a0...
  • 三国志展に選ばれた鏡・三段式神仙鏡とは何だ?_a0...
  • 三角縁神獣鏡が時代を席巻した理由は何か_a0237...
  • 三角縁神獣鏡が時代を席巻した理由は何か_a0237...
  • 三角縁神獣鏡が時代を席巻した理由は何か_a0237...
  • 三角縁神獣鏡が時代を席巻した理由は何か_a0237...
  • 三角縁神獣鏡が時代を席巻した理由は何か_a0237...
  • 三角縁神獣鏡が時代を席巻した理由は何か_a0237...
  • 三角縁神獣鏡が時代を席巻した理由は何か_a0237...
  • 三角縁神獣鏡が時代を席巻した理由は何か_a0237...
  • 東日本の皆様へお見舞い申し上げます_a023754...
  • 東日本の皆様へお見舞い申し上げます_a023754...
  • 東日本の皆様へお見舞い申し上げます_a023754...
  • 東日本の皆様へお見舞い申し上げます_a023754...
  • 東日本の皆様へお見舞い申し上げます_a023754...
  • 東日本の皆様へお見舞い申し上げます_a023754...
  • 東日本の皆様へお見舞い申し上げます_a023754...
  • 東日本の皆様へお見舞い申し上げます_a023754...
  • 東日本の皆様へお見舞い申し上げます_a023754...
  • 弥生後期の政変・広形銅戈はどこへ消えたか_a023...
  • 弥生後期の政変・広形銅戈はどこへ消えたか_a023...
  • 弥生後期の政変・広形銅戈はどこへ消えたか_a023...
  • 弥生後期の政変・広形銅戈はどこへ消えたか_a023...
  • 弥生後期の政変・広形銅戈はどこへ消えたか_a023...
  • 弥生後期の政変・広形銅戈はどこへ消えたか_a023...
  • 弥生後期の政変・広形銅戈はどこへ消えたか_a023...
  • 弥生後期の政変・広形銅戈はどこへ消えたか_a023...
  • 弥生後期の政変・広形銅戈はどこへ消えたか_a023...
  • 弥生後期の政変・広形銅戈はどこへ消えたか_a023...
  • 卑弥呼が貰った鏡を変えて畿内説を示唆する方向に_a...
  • 卑弥呼が貰った鏡を変えて畿内説を示唆する方向に_a...
  • 卑弥呼が貰った鏡を変えて畿内説を示唆する方向に_a...
  • 卑弥呼が貰った鏡を変えて畿内説を示唆する方向に_a...
  • 卑弥呼が貰った鏡を変えて畿内説を示唆する方向に_a...
  • 神となった関羽の像に会える・九州国博「三国志展」_...
  • 神となった関羽の像に会える・九州国博「三国志展」_...
  • 「甕棺の人骨は渡来人説」とは、邪馬台国九州説の否定...
  • 「甕棺の人骨は渡来人説」とは、邪馬台国九州説の否定...
  • 「甕棺の人骨は渡来人説」とは、邪馬台国九州説の否定...
  • 「甕棺の人骨は渡来人説」とは、邪馬台国九州説の否定...
  • 「甕棺の人骨は渡来人説」とは、邪馬台国九州説の否定...
  • 金隈弥生遺跡は 卑弥呼の時代まで六百年間継続し、1...
  • 金隈弥生遺跡は 卑弥呼の時代まで六百年間継続し、1...
  • 金隈弥生遺跡は 卑弥呼の時代まで六百年間継続し、1...
  • 金隈弥生遺跡は 卑弥呼の時代まで六百年間継続し、1...
  • 金隈弥生遺跡は 卑弥呼の時代まで六百年間継続し、1...
  • 金隈弥生遺跡は 卑弥呼の時代まで六百年間継続し、1...
  • 金隈弥生遺跡は 卑弥呼の時代まで六百年間継続し、1...

The site also has references to the 2 subdomain(s)

  exblog.jp  Verify   ehon2011.exblog.jp  Verify


The site also has 234 references to other resources (not html/xhtml )

 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2399___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2398___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2397___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2396___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2395___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2394___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.png  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.png  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify
 tizudesiru.exblog.jp/iv/detail/?s=2393___.jpg  Verify  tizudesiru.exblog.jp/index.xml  Verify  tizudesiru.exblog.jp/atom.xml  Verify


Top 50 hastags from of all verified websites.

Supplementary Information (add-on for SEO geeks)*- See more on header.verify-www.com

Header

HTTP/1.1 301 Moved Permanently
Server nginx
Date Thu, 27 Feb 2020 10:46:45 GMT
Content-Type text/html
Content-Length 178
Connection close
Location htt????/tizudesiru.exblog.jp/
HTTP/1.1 200 OK
Server nginx
Date Thu, 27 Feb 2020 10:46:46 GMT
Content-Type text/html; charset=UTF-8
Transfer-Encoding chunked
Connection close
Vary Accept-Encoding
Set-Cookie xbg_s=c6e5goktdtjjps1g9fljmskn1i; path=/; domain=.exblog.jp
Expires Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT
Cache-Control no-store, no-cache, must-revalidate
Pragma no-cache
Content-Encoding gzip

Meta Tags

title="地図を楽しむ・古代史の謎"
http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8"
name="author" content="tizudesiru"
name="keywords" content="地図を楽しむ・古代史の謎,ブログ"
name="description" content="地図に引く祭祀線で分かる隠れた歴史"
name="application-name" content="地図を楽しむ・古代史の謎"
property="og:type" content="blog"
property="og:title" content="地図を楽しむ・古代史の謎"
property="og:description" content="地図に引く祭祀線で分かる隠れた歴史"
property="og:site_name" content="地図を楽しむ・古代史の謎"
property="og:image" content="htt????/pds.exblog.jp/logo/1/201109/02/45/a023754520161120091213.jpg"
property="og:url" content="htt????/tizudesiru.exblog.jp"
property="exblog:nickname" content="tizudesiru"
property="exblog:logo_url" content="htt????/pds.exblog.jp/logo/1/201109/02/45/a023754520161120091213.jpg"
property="exblog:genre_id" content="p15,p15c4,p2,p2c1"
property="exblog:genre_name" content="教育・学問,歴史,旅と地域,旅行・お出かけ"
property="fb:app_id" content="423529791021606"
name="twitter:card" content="summary"
name="twitter:site" content="@Excite_blog"
property="hatena:service_type" content="blog"
property="hatena:service_code" content="excite-blog"
name="mixi-check-robots" content="noimage"
name="msapplication-starturl" content="htt????/tizudesiru.exblog.jp/"
name="msapplication-task" content="name=エキサイトブログ; action-uri=htt???/www.exblog.jp/; icon-uri=/favicon.ico; window-type=tab"
name="msapplication-task" content="name=人気ブログランキング; action-uri=htt???/www.exblog.jp/ranking/; icon-uri=//s.eximg.jp/exblog/user2/img/icon/ranking.ico?1582091318; window-type=tab"
name="msapplication-task" content="name=今週のピックアップブロガー; action-uri=htt???/blog.excite.co.jp/pickup/; icon-uri=//s.eximg.jp/exblog/user2/img/icon/pickup.ico?1582091318; window-type=tab"
name="msapplication-task" content="name=新規ブログ開設; action-uri=htt???/www.exblog.jp/new/pr/; icon-uri=//s.eximg.jp/exblog/user2/img/icon/setup.ico?1582091318; window-type=tab"
http-equiv="Content-Security-Policy" content="upgrade-insecure-requests"

Load Info

page size588776
load time (s)2.607429
redirect count1
speed download39316
server IP13.71.144.212
* all occurrences of the string "http://" have been changed to "htt???/"

SEO From Wikipedia, the free encyclopedia
Search engine optimization (SEO) is the process of affecting the online visibility of a website or a web page in a web search engines unpaid results—often referred to as `natural`, `organic`, or `earned` results. In general, the earlier (or higher ranked on the search results page), and more frequently a website appears in the search results list, the more visitors it will receive from the search engines users; these visitors can then be converted into customers. SEO may target different kinds of search, including image search, video search, academic search, news search, and industry-specific vertical search engines. SEO differs from local search engine optimization in that the latter is focused on optimizing a business online presence so that its web pages will be displayed by search engines when a user enters a local search for its products or services. The former instead is more focused on national or international searches. and ADS Publishers From Wikipedia, the free encyclopedia
Advertising is an audio or visual form of marketing communication that employs an openly sponsored, non-personal message to promote or sell a product, service or idea. Sponsors of advertising are often businesses wishing to promote their products or services. Advertising is differentiated from public relations in that an advertiser pays for and has control over the message. It differs from personal selling in that the message is non-personal, i.e., not directed to a particular individual. Advertising is communicated through various mass media, including traditional media such as newspapers, magazines, television, radio, outdoor advertising or direct mail; and new media such as search results, blogs, social media, websites or text messages. The actual presentation of the message in a medium is referred to as an advertisement or `ad` for short.
Commercial ads often seek to generate increased consumption of their products or services through `branding`, which associates a product name or image with certain qualities in the minds of consumers. On the other hand, ads that intend to elicit an immediate sale are known as direct-response advertising. Non-commercial entities that advertise more than consumer products or services include political parties, interest groups, religious organizations and governmental agencies. Non-profit organizations may use free modes of persuasion, such as a public service announcement. Advertising may also be used to reassure employees or shareholders that a company is viable or successful., wall of links.


If you want to put something else on this wall, write to us.